FC2ブログ

青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

2469.jpg


 途中、寝てしまいました。(笑)
 睡眠不足が原因か、ドラマの緊張感不足が原因か・・・。とにかく、私の「24」史上初めてのことです。やっぱり今回はもうひとつかな・・・?

 ということで、あまり内容をつかめていないのですが、ジャックのオヤジがとんでもない奴だということがハッキリしてきました。ここからは、オヤジとジャックの闘いを軸に展開していくのでしょうが、世界にこれほど不幸な家族があっていいものでしょうか。

 パキスタンでは、自爆テロによってブット元首相が暗殺されました。(これは現実の話)アルカイダの犯行の可能性が高いようですが、ここにもアメリカの影が・・・。「24」以上のドラマが現実の世界で起こりつつある・・・。それなのに、日本では連日連夜の年末のお笑いスペシャル番組で、ますますみんな馬鹿になっていく・・・。この脳天気!!
 まぁ、かくいう私も深夜まで「24」三昧なのですが・・・。(笑)

 ニュースをしっかりと見て、「24」を真剣に見ましょう。あながちフィクションでない部分もあるようにも思いますから。

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
2468.jpg


 勢いに任せてもう一時間。

 テロリストたちに、どこかしら同情してしまうところがあります。
 これは、現実の世界でも同じことが言えると思うのですが、ホワイトハウスの権力闘争の中で、もしかしたらとんでもない間違いをアメリカはしてしまっているのかも。結局は米国内の利権をめぐっての醜い闘いから生まれてくる矛盾のしわ寄せが、世界を不安定にしているのであって、その結果、アメリカを標的にしたテロが生まれると・・・。

 ジャックがしていることは、とても虚しいですね。いったい何を守ろうとしているのか・・・。正義?平和?自由?そのための犠牲はどうなるのか・・・。

 確実に何十、何百万人の命を奪うであろう起動装置を作らされる状況に追い込まれたとしたら、どこまで自分を見失わずにいられるでしょうか?

 今回の「24」は、とても虚しいなぁ・・・。

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
2467.jpg


 3ヶ月ぶりに「24」を再開します。

 ちょっと忘れかけていたストーリーも、5分もするとすぐによみがえってきました。ここらあたりがさすがというか、誰が見ても大丈夫なようにサービス満点であるという証拠ですね。「24」に文学的な香りとか難解さなんて求めてはいけません。単純明快。悪い奴は悪い!

 それにしても、今回もラスト10分にはちょっと驚きでしたね。何となく・・・と警戒しつつ見ていたのですが、想像以上の展開が待っていました。もう、何でもありです。やっぱり。(笑)

 パーマー、トニー、ミッシェル・・・。

 闇が深くなって、これからの展開が楽しみになってきました。

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
roots_20071224113606.jpg

(HPより)
 奴隷船上で反乱を試みたが、力で鎮圧されてしまったクンタ・キンテたちは、アメリカ到着後、競売にかけられた。彼はアナポリスのレイノルズ農園に売られ、”トビー”という名を与えられる。人のいい奴隷フィドラーに可愛がられたクンタ・キンテ。雪の降るある夜、彼は脱走を試みるが・・・・・。

 どんな過酷な状況にあっても、マンディンカとしての誇りを失うことなく生きようとするクンタ・キンテ。

 奴隷の競売の様子が描かれますが、今から150年前には当たり前の光景であったことを考えると、人類の歴史は人が人としての権利を獲得してきた闘いの歴史であったことを改めて考えずにいられません。

 クンタ・キンテの主人となったレイノルズは、当時の農場主としては比較的良識ある人物のようです。黒人奴隷たちに対しても、ある種の敬意を持って接しているかに感じ取られる場面もあるのですが、やはりこの時代の白人の限界を見せる場面もあり、この辺りがこの作品の素晴らしいところだと思います。

 農園に生まれ、奴隷としての生き方を知り尽くしている、いや、そうした生き方しか知らない心優しき男フィドラーが、クンタ・キンテの教育係でありよき相談相手として登場します。”フィドラー”。この男の名前も、クンタ・キンテと同様によく覚えていました。バイオリンの名手として。彼がいいですね。クンタが一人前の奴隷となるように厳しく教育するわけですが、心の底では誇り高いアフリカの黒人クンタを眩しく見つめるとともに、兄のような愛情を持って支えていきます。二人の掛け合いが笑いと涙を誘います。

 とても印象深かったフィドラー・・・。それもそのはずです、この役ルイス・ゴーセット・Jrが演じていたわけだから。後に「愛と青春の旅立ち」で、リチャード・ギアを鍛え抜く鬼軍曹フォーリーを演じ、我々に深い感動を与えてくれた彼です。この再発見は、旧友に再会したときのようにとても嬉しいものでした。

  ”トビー”と名付けられたクンタ。しかし、彼はあくまでもクンタ・キンテとして生きようとします。それは、当時のアメリカでは絶対に許されないこと。かれが”トビー”という名を受け入れるまでの過程には涙せずにはいられません。この場面、アメリカ中の、いや世界中の虐げられてきた黒人の人たちが自らの自尊心を取り戻す思いに、心を熱くしたことと思います。

 さて、クンタの人生は・・・。

 これから、黒人としてアメリカで生きていくことの苦難が描かれていきます。心してみなくては・・・。
roots.jpg


 1977年。このドラマを見たときの衝撃は今も忘れられません。30年ぶりに見直しています。そして、やはりショックを受けています。このドラマはすごい。よくぞ作った!

 原作者はアレックス・ヘイリー。彼はこのノンフィクション作品でピューリッツァー賞を受賞したそうです。アメリカでオンエアされると、視聴率51,1%、全米で実に1億3千万人もの人々が見ていたということになります。この作品の持つ意味がこの数字にもよく表れていると思います。これは、アメリカの真実であり、目を逸らすことは許されない本当の歴史なのだと思います。それにしても、よく作ることができたなぁ。
 エミー賞では9部門を受賞、翌年のゴールデングローブ賞でも最優秀テレビシリーズ賞を受賞したこの作品は、日本でも大注目のなか放映されます。当時、主役のクンタ・キンテという名前を知らない日本人はいなかったのではないでしょうか。それほどの衝撃を日本人にも与え、私たちが人種差別問題のなんたるかを知るきっかけを作ってくれたと思います。

 たまたまTUTAYAで発見したこのDVD。驚きました。「これがDVDになっていたとは・・・。」

 かつてこのドラマに感動した世代の人たち、もう一度見直しましょう。やっぱり素晴らしい作品です。是非、見直して昔のことを思い出しながら語り合いましょう。
 まだ見ていない人たち。見て下さい。お願いします。後悔はさせません。

 しばらく、この作品の勝手宣伝部長になろうと思います。(笑)
2466.jpg


 この国の自由と平和は、銃と差別の上に成り立っているということでしょうか。

 ついにジャックのオヤジ登場!もっと激しい人物を想像していたのですが、やや肩すかしかなぁ・・・。
 そして、弟が正体を見せ始めましたね。しかし、ジャックのように国家の中枢で仕事をし、中国や中東諸国にとって最重要人物の家族に対して、ここまでノーマークであって良かったのか???という気もします。この辺りにも、今回のご都合主義が見え隠れ・・・。

 4分の1が終わった時点でやや消化不良気味の「24Ⅵ」。
 ここから盛り上げていって下さいよ!

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
2465.jpg

 カーティスまでも失ったジャック・・・。全くやる気も自信も無くしてしまったわけですが、原爆が落とされるという現実に再び最前線に立つ決意をします。ここらの葛藤があまり描かれていないところが今回の薄っぺらさの原因のように思うのですが。

 そして、今回はいよいよジャックの家族が描かれます。家族といっても、シーズン1で亡くなった奥さんや、今は何をしているのか分からない(笑)キムのことではなくて、ジャックの父や弟たちです。※ここで出すのはいよいよネタ切れか・・・なんて勘ぐられそうですが。

 しかし、この弟がとてもジャックの弟とは思えない。HPで写真を見たときは、きっと敵の弁護士か何かと思っていたのですが。そして、この兄弟、何かこれまで色々あったみたいですね。弟の奥さんも絡んで・・・。まぁ、ジャックのような身内がいたら、親せき中が大変でしょうけど。
 今回はまだ父は出てきませんが、事件にどこまで関与しているのか、そこらあたりが今後の軸となるのでしょうか。

 大統領・・・。ちょっと心配だなぁ。こちらもお兄さんほどの迫力がありません。あの切なそうな目は、どこかの国の総理大臣のようで・・・。泪目は、国民を不安にさせますよ。(笑)

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
2464.jpg


 ちょっと「24」としては平凡なスタート・・・なんて文句を言っていたら、何と今回はカーティスが!これまでもこのようなことはあったわけですが、ここでそのような展開にしなくても・・・。

 しかし、中国帰りのジャックはやはり神経を相当やられていますね。こんなに簡単に折れてしまうジャックは、初めて見ます。ジャックがジャックと闘っているようです。

 そして驚愕の・・・。まだ20時間残っているんですよ。(笑)

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
2463.jpg


 とにかく、今回もよく人が死にますね。(笑)

 ファイエドの居場所を探すジャック達。その方法に新鮮さがないんですよね。CTUの凄さに慣れてしまって、驚きがない・・・。それが売りでないのは分かっているのですが、いつか観た感じが拭えません。そのあたりがちょっと退屈かなぁ。

 あと、登場人物も毎度のイスラム系といえばよいのでしょうか、これまでの悪役たちとどうしてもかぶってしまいます。ニーナのような強烈な敵が欲しいなぁ。まぁ、これからが期待かな。

 それと、CTU内に憎まれ役がいない。これもドラマを薄っぺらくしています。ジョージやシャペルはいい味出してました。その代わりが大統領の主席補佐官のトムかもしれませんが、マイク・ノビックほどの存在感がない。脇役をもっと充実させて欲しいなぁ。

 でも、物語はどんどん面白くなってきました。見終えると、スカッと全部忘れてしまいますが。(笑)そこがいいんですよね。 

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
2462.jpg

 あっけなく最初の危機をクリア。そんな簡単に・・・。
 それと、もう少し元のジャックに戻る苦悩があってもいいと思うんだけど・・・。2年間だまり続けた男なんだから、随所に忌まわしい記憶がフラッシュバックすると思っていたんだけどなぁ。チラッとそんな素振りも見せていましたが・・・。
 
 相変わらず、イスラム教徒に対する敵対心というか恐怖心が強いですねぇ。今のアメリカ人の心情が現れているんだろうけど、現在アメリカにも相当数のイスラム教徒がいるわけで、これはちょっと非難されても仕方がないかも。今の日本じゃこんなドラマ考えられません。どちらが正常なのかは分かりませんが・・・。

 それにしても大統領!ダメじゃないですか。あなた一体今までどれほどジャックに助けられてきたの?兄さんならきっとジャックを信じていましたよ。

 クロエの活躍がいまいちなんで、まだまだ熱くなってきません。もうそろそろヒートアップして欲しいですね。

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
2461.jpg


 ついに見始めてしまいました、第6シーズン。もう、ノンストップです。(笑)

 衝撃の第5シーズン。「そしてみんないなくなった・・・。」展開に、もうこれ以上の作品は無理だろうと思われたのですが、果たして今シーズンの出来映えは?

 ジャックが帰ってきました。中国高官の憎らしいこと。ジャックは一体どんなひどい仕打ちを受けたのでしょうか。得体の知れない国だけに、想像するのも恐ろしい。そこで来年オリンピックが開催されるわけですから・・・。
 ※こういうイメージを我々に植え付けるのも、アメリカの戦略でしょうが。

 クロエもカーティスたちおなじみのメンバーもみんな元気そうです。(トニーやミッシェルがいないのが本当に寂しい・・・。)パーマー弟が大統領ですか・・・。これも想定の範囲内ですね。CTUの様子もそれほど変化はないようで、すんなり入っていけました。

 第1回を見ての素直な感想は、「やっぱり展開が早いなぁ・・・」ということです。最近「朱蒙」のリズムに慣れていたもので、アッという間の1時間でした。

 私の周辺ではあんまり評判が良くない今シリーズ。でも、しっかり楽しませてもらいますよ。随分待ったんだから。映画「センチネル」はガッカリだったしね。(笑)

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
tiger3.jpg

「朱蒙」で、すっかりテレビドラマづいてしまって、「24」シーズンⅥまではまだ間があるということで、「タイガー&ドラゴン」を一気に見ました。
 いやぁ、なかなか面白い。キャストが充実していることと、クドカンの脚本がほんとによく出来ています。やっぱりドラマはホン次第ということですね。
 主演の長瀬智也と岡田准一。いいですねぇ。彼らの他の作品が見たくなりました。そして脇を固める西田敏行。この人ほんとに芸達者。本職の落語家真っ青の落語を毎回披露してくれます。続いて安倍サダヲ。「ドンドンドーン!」てな感じで、軽くて哀しい演技が秀逸です。それと伊藤美咲が可愛いですね。この人にはこんな役がピッタリです。さらに尾美としのり。「転校生」「さびしんぼう」で、我ら世代を象徴する役者もいい年をとりました。「さびしんぼう」以来のはまり役かと。
 その他、蒼井優が裏蒼井優とでも言うべき怪演で笑わせてくれます。このキャラ、「亀は意外と速く泳ぐ」に重なりますね。笑福亭鶴瓶も高田文夫も塚本高史も春風亭昇太も好演してます。それと、時折出てきて強烈な印象を残す北村一輝。ゲストも充実していて、わが愛しの森下愛子、大森南朋、古田新太、薬師丸ひろ子、小日向文世・・・。
 スペシャルで放映された「三枚起請の回」からレギュラー放送まで一気に見ると、このドラマの面白さがよくわかると思います。
 残暑厳しき折、スカッとしたい方々にお勧めです。
 「タイガー、タイガー、じれっタイガー」

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ
 chumon16.jpg


 とても爽やかな感動とともに、「朱蒙」全編81話を見終えました。
 本当に面白かった!
 みなさん、是非見て下さい。絶対的な自信を持ってお薦めします。

 ところで、このドラマを最近BSフジで放送していますが、この吹き替えがとにかくひどい。驚きを通り越して怒りすら覚えます。

 まず、声がまったく合っていない!

 朱蒙は、あんな甲高い弱々しい声じゃないでしょ!
 ソソノも、あんなアニメ声じゃない!!

 そして、カットが変わるごとに、変なノイズ音が・・・。
 もうどうしようもないです。

 短時間にやっつけ仕事で吹き替え版を製作したのではと・・・。

 私は、海外のドラマのほとんどを日本語版吹き替えで見ています。
「24」も「チャングムの誓い」も日本語吹き替え版で見ました。それでも十分楽しめたし、それぞれに素晴らしかったと思います。
 だから、吹き替えにはまったく抵抗感がありません。

 今回は、吹き替え版がまだできていないという事情もあって、たまたま字幕で見ることになりました。最初は、面倒くささも感じましたが、結果的に正解だったと思います。意味は分からないながらも、韓国語の響きに美しさや力強さも感じることができましたから。

 そして、TVで見た日本語版。
 とにかくひどい!

 日本語版を見て、このドラマの良さに気づかないまま見なくなってしまう人がいたなら本当に残念です。このドラマは、回が進むごとに面白さが増してきます。こんな経験は、私も初めてです。だから、もし今日本語版を見てつまらないなぁと感じた人がいたら、今からでも遅くはありません。字幕版に乗り換えて下さい!絶対に面白さが倍増しますから。

 「朱蒙」を見るなら、字幕版で!

 よろしくお願いします。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ
chumon2.jpg


 最近、ここをほったらかしにしていました。(笑)実は、このドラマに夢中になっていたからなんです。(それと、マンガ「ぼっけもん」を必死になって読み直していました。)
 いやぁ面白い!面白さ、そして続けてみないではいられなくなるという点では「24」に匹敵します。また、韓国ドラマとしては、あの「宮廷女官チャングムの誓い」以上ではないでしょうか、登場人物一人一人が実に個性的で、それを演じる役者がまさにはまり役という・・・。
 このドラマ、実は81話もあるんです。1話が65分程あるものだから、「そんなもん、最後まで観られるわけが・・・」なんて思いつつ見始めたのですが、いつの間にやら40話を軽くクリアしていました。ほんとに見始めたら止まりません。
 韓国ドラマに抵抗感がある人もいると思いますが、今、日本にこれほど面白いドラマはありませんよ。是非、見て下さい。できれば韓国語(日本語字幕)で。
 「イェ、ペーハー」
 きっと、この言葉が耳から離れなくなりますから。(笑)

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ
kuraima1.jpg


 1985年8月12日、群馬県の御巣鷹山に日本航空の旅客機が墜落した。犠牲者は520名。単独のものとしては世界最大の航空機事故となった。

 あの事故のことは、みんなどこかで記憶しているのではないでしょうか。暑い夏の夜でした。ちょうどお盆で、街では盆踊りの人でにぎわっていたと思います。私はTVのニュース速報でこの事故のことを知ったように記憶しています。そして、その後各テレビ局が放送する特番に釘付けになりました。次の日、川上慶子さんがヘリコプターで救出されるシーンには、本当に感動したものです。と同時に、悲惨な事故現場の様子が映像として流されると、これまで漠然と抱いていた航空機事故に対する恐怖心が、自分の中でハッキリとした形でどすんと腰を下ろしたように思います。同じような思いを抱いた人がたくさんいたのではないでしょうか。
 その後、報道は事故原因の究明へとシフトチェンジしていきます。”圧力隔壁”この言葉を覚えていますか?当時、この言葉を耳にしない日はなかったように思います。事故からの数日間、報道は過熱し、私たちはこの事故について語り合ったものです。しばらくの間は・・・。あの時、私たちは完全に報道に釘付けになり、一喜一憂し、にわか航空専門家になり、また踊らされていたように思います。その報道の裏側で、どのようなドラマが展開されているのかということなど考えもしないで。

 群馬県「北関東新聞」。この架空の新聞社を舞台に、御巣鷹山事故報道の裏側を描き、報道とは、組織とは、家族とは、そして生きるとはどういうことなのかを突きつけてくる横山秀夫の傑作小説です。
 いやぁ、面白い。と言っては不謹慎であることは承知の上で言わせてもらいます。「本当に面白い。」主人公の悠木に自分を重ね合わせ、何度胸を熱くし、怒りに拳を握りしめ、涙をこらえたことか。

 NHKがこの小説をドラマにしました。あの事故から20年後のことです。小説を読み終えた時、この小説に描かれていた世界を映像としてなんとしても見たいと思い、DVDを探しまくりました。それ程、横山秀夫の描写には力があり、まるでその場にいるかのような臨場感があるのです。これを、どう映像化しているのか、なんとしても見たい。
 
 残念。やはり、原作にはかなわない。健闘しているとは思いますが。

 ということで、原作を読んで下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ
lost01.jpg

 今回は、ソーヤー。
 ソーヤーがシャノンの喘息の薬を隠し持っているという疑いをもたれ、ジャックたちに責められる。しかし、薬を渡そうとしないソーヤー。そして、・・・。
 ソーヤーの過去が明らかになります。嫌われ者として生きるソーヤー。ケイトは彼の過去を知り、彼を理解し始めるようです。ジャックを含めて、この3人の今後は・・・。
 「24」かと思われるような過激なシーンもありましたが、なぜか優しい気持ちになりました。なぜだろう?波音のせいかなぁ・・・?

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ
lost01.jpg

 今回は、チャーリー。
 禁断症状に苦しむ彼の姿とともに、ロック・スターであったころの様子がフラッシュバックしていきます。彼の優しさ、弱さ、繊細さ。チャーリーに対する見方が変わりました。
 今回、ジャックは事故に巻き込まれ脇役に回ります。そのかわり、彼を助けるために必死になる仲間たちの姿から、それぞれの人間性がより鮮明になってきたように思います。
 一方、海辺に残ったサイードは、謎の信号を発信源を突き止めようとするのですが・・・。
 そして、ジャックとケイトの恋の行方は・・・。

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ
lost01.jpg

 今回は、韓国人夫婦のジンとサンの過去が明らかなになっていきます。この2人、とても危険な香りを漂わせていたのですが、やはり普通の夫婦じゃないみたいですね。特にサンの何かを訴えかけてくる眼差しには秘密が隠されていたわけで・・・。しかし、サンは永島瑛子に似ているなぁ・・・。
 ケイトとジャックの関係も静かですが進展中みたいで・・・クヤシイーッ!(笑)でも、ケイトの謎は深まるばかりで、そこがまた魅力的なんですが。
 助けを待つか、ここで生きることを選択するのか。難しい問題ですね。面白くなってきました。

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ
lost01.jpg

 久しぶりに「LOST」の続きを見ました。約1ヶ月ほったらかしにしていたので、人物の関係などを思い出すのにしばらく時間が必要でした。「24」だと一気に見ないではいられないのに、このドラマはどこかのんびりしていて、続いて見る気にさせるパワー不足は否めません。今日も見ていて何度かウトウトしてしまいました。波の音のせいでしょうか・・・。(笑)

 今回は、ジャックの過去が明らかになっていきます。父との確執・・・。男の子は誰しも少なからずそうした問題を抱えているものですが。
 また、水の問題に焦点が当たります。生きていく上で欠くことの出来ない水。水の確保はまさに死活問題です。

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ
lost01.jpg

 今回はロック。”大佐”の名にふさわしい風格を漂わせている彼の過去が明らかにされていきます。それが、かなりキツイ。
 また、機体に残された死体をどう処理するのか。現実的な問題も出てきます。そこにもまた、それぞれの人間性が浮かび上がってきます。
 この島の謎は、未だ明らかにされません。

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ