青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


 その昔、藤山寛美に似ていると言われた名選手がいました。でも、寛美のように気の利いたコメントを言うことも出来ず、あまりTV番組に出演することもありませんでした。だから、いくら活躍しても、もう一つスポーツ選手としての華がありませんでした。どちらかというと、いつも№2というイメージがついていました。
 okada.jpg

 こうして見返してみると、寛美というよりフットボールアワーの岩尾ですね・・・。
 ※後ろにたっているのは、彼を使わずファンの不評を買い、結局解任されたブレイザー監督です。

 そして、引退してからの人生も、決して順風満帆ではありませんでした。他チームのコーチや2軍監督、古巣に帰ってからも国民的な人気監督の陰に隠れた存在で、何をやっても正当に認められませんでした。その男が、ついに頂点に立とうとしています。

 私は巨人ファンですが、彼が監督ならば心から祝福したいと思います。子どもの頃から阪神ファンである彼が、そのあこがれのチームで選手として活躍し、ついに監督として日本一になろうとしている。素晴らしいことだと思います。
 そして何より、今年の彼の采配は素晴らしかった。セリーグを制覇するに値する監督であると思います。このまま日本一になって、前監督を超えて欲しい。そして、初めて№1になって欲しいと思います。 
okada2.jpg

 こうしてみると、この男いい顔になってきましたね。もはや寛美や岩尾ではありません。この顔は、かの名優にして名監督リチャード・アッテンボロウではありませんか!今年の采配ぶりは、まさに「大脱走」のリーダー・ビッグXを思い出させます。
cast_a3.jpg

 来季、我がジャイアンツも原監督の下チームを立て直し、タイガースに挑みたいと思います。敵は強いほど面白い。岡田彰布のさらなる進化を期待します。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/71-2e703335

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。