青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20050129001344.jpg

 ポール・サイモン「時の流れに」
 これほど繰り返し聞いたアルバム(懐かしい響き)はないと思います。大学受験を間近に控えていたあの頃、受験勉強で疲れた身体と心をいやしてくれたのが、この作品です。そして、映画作りに明け暮れていた学生時代。折に触れて聴いていたのもこのレコード。就職して、自分の限界を感じたときなどに慰めてもくれました。当然、恋に破れたときも・・・。
 まるで宝石箱のように美しい曲がいっぱい詰まったこのアルバム、グラミー賞にも輝くポップスの名作です。聞き込むほどに味わい深い、ポール・サイモンの・・・というよりも、アメリカンポップスの最高傑作ではないでしょうか。
 最近、またよく聴いています。本当に落ち着きます。ちょっと疲れ気味なのかな・・・。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/7-4abdc6bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。