青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
il2.jpg

チャン・ジヒョン主演映画。
「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」などで人気のジヒョンですが、私が一番好きな彼女の映画はこの「イルマーレ」です。
 私が韓国映画を見るきっかけのひとつにもなったこの映画、改めて見直してみたのですが、やっぱりいいですね。
 この映画の魅力は、全編を包み込む、うすい霧がかかったような柔らかな雰囲気であるように思います。撮影が素晴らしいですね。画面の構図がとても絵画的です。音楽も心地よく流れ、決して出しゃばりません。チャン・ジヒョンとイ・ジョンジェの韓国映画らしからぬ?(笑)押さえ気味の演技も、この映画にはピッタリです。
 ストーリーについてはネタバレになるといけないので控えておきますが、なかなかよく考えられていて、ラストまでしっかり見させてくれます。

 韓国映画はどうも・・・とか、韓国映画を見たいんだけど何から見ればいいのか・・・とか悩んでいる人には、迷わずこの作品を紹介しています。その次に見るなら「猟奇的な彼女」「JSA」あたり。「八月のクリスマス」なんかもいいかも。意見は分かれると思いますが、「春の日は過ぎゆく」は、イ・ヨンエ主演ということで。(笑)

 久々に、心ゆくまで「イルマーレ」の世界に浸って、とても幸せな午後でした。
スポンサーサイト

コメント&TBありがとうございます。

この映画はシンプルなのに暖かい感じがして気に入ってます。
観ていてじ~んとくるものがありました。

落ち着いた韓国映画なら『フー・アー・ユー?』とかもあたしは好きです(^^)♪

2005.06.25 23:55 URL | Chihaya #syVF7dSo [ 編集 ]

 Chihaya様

 『フー・アー・ユー?』
 今度必ず観てみます。

 また、いい韓国映画があれば教えてください。

2005.06.26 08:55 URL | kiosk #- [ 編集 ]

TB、どうもありがとうございました。

抜けるような青空がステキですね。
私もイルマーレ、もう一度みたいです。
色調もお話も、なんとなくほっとする、落ち着きます。
そういう意味では【オーバーザレインボウ】もステキです。
またお邪魔させてくださいね。

2005.06.26 11:55 URL | めい #IohZZCwQ [ 編集 ]

めい様

青空をお褒めいただきありがとうございます。
kiosk=青空侍といたしましては、この上ない言葉かと・・・。(笑)

「オーバー・ザ・レインボウ」
まだ観ていません。何度か借りようとしたのですが・・・。今度必ず観てみます。

また来てくださいね。
よろしかったら、映画中心のHP「シネマッド・ファミリー」http://www.geocities.jp/kiosk770/index.html も覗いてみて下さい。

2005.06.26 16:43 URL | kiosk #TA/AMLng [ 編集 ]

釣り記事だった?(笑)

この映画と「猟奇的な彼女」のジヒョンは最高ですね。
僕カノも含むと、この映画でのジヒョンのイメージって、
その後の彼女の映画をずっと支配している気もします。
そういう意味では、ジヒョンの代表作なんでしょうね。

ここらで一発、壊してもらいたいモノですが…(苦笑)。

2005.06.27 23:28 URL | kikka #- [ 編集 ]

釣られましたね。(爆)

この映画での彼女が、実像に一番近いと勝手に思っているのですが。
深く考えず、眺めるようにみると最高の映画です。
あんな家に、ジヒョンといっしょに・・・。
いいでしょうね。

佳乃様と”彼女の島”で過ごすのも・・・。

どちらを選びます?(笑)

2005.06.28 06:51 URL | kiosk #- [ 編集 ]

>どちらを選びます?(笑)

今の気分は南野陽子と女郎遊び(笑)。
あるいは海辺の廃屋小屋でアバンチュール。

いやぁ、ホントにメロメロになっちゃった(爆)。

2005.06.28 18:49 URL | kikka #- [ 編集 ]

聖子はどうですか?
私ならこちらを選びますがね。(笑)

今晩、コンサートに行って来ました。
さすがというか、女王ですね、彼女は。

25周年記念コンサート。
いまだに、「青い珊瑚礁」で観客総立ちですから!勝てる人なんかいません。

2005.06.28 23:00 URL | kiosk #- [ 編集 ]

なんかマドンナと同じで、アンドロイドのイメージが(笑)。
ただ、写真集の表紙は可愛かったですね。
音楽に関しては専門外なので解りません(苦笑)。

>「青い珊瑚礁」で観客総立ち

…って、観客の年齢層って僕ら世代が多かったんじゃないの?

最近、若手云々よりも僕らの方が金払いがいいから、
どの業界でもターゲットになってるでしょ?
それに上手く乗っかっているような気もしますね。
逆に20代のアーティストで普遍的な存在が欲しいなぁ。
まぁ、今の子達じゃ無理だろうけれどね。

2005.06.28 23:09 URL | kikka #n/BeX6RE [ 編集 ]

とにかく、歌が抜群に上手かった!
途中、口パクじゃないの?と思うくらいに完璧でした。
アカペラで歌う場面がありましたが、”特別なものを聴いた”と思うくらいに素晴らしい歌声でしたよ。
観客層はお察しの通り。
しかし、そうした観客がみんな20代に戻っている・・・。(笑)
恐るべし!

彼女のすごさは、いくら年を重ねても、
歌に年齢的な疲れが見えないこと。
かつて聴いたときのままにみずみずしいのですよ。驚異としかいいようがない。
トークになると、それなりに年輪が見えるのですが。

正当派アイドルとしての王道を、
いつまで歩み続けるのでしょうか。

いま、彼女に続くアイドルは皆無ですね。
残念ながら。

2005.06.28 23:23 URL | kiosk #- [ 編集 ]

>kiosk さん
ほんと、飾っておきたい映画ですね。
透明感あふれる美しい映像には目を
奪われました。

2005.09.20 16:15 URL | ユカリーヌ(月影の舞) #PQz7vE8o [ 編集 ]

ユカリーヌ(月影の舞)様

この透明感は、映像、実術、音楽すべてが作り上げたものでしょうね。そして何よりもストーリー。そして、それをとても自然に演じた主演のふたり。
疲れたときに、部屋の中に何気なく流しておきたいと思う、ただひとつの映画です。

2005.09.20 21:42 URL | kiosk #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/42-b5f8c83e

イルマーレ
「イルマーレ」映像美あふれるSFラブ・ファンタジー。海辺に立つ一軒家「イルマーレ(イタリア語で「海」の意)」の郵便箱を通じて、2000年に生きる女性と1998年に生きる男性が手紙をやり取りし、やがて愛し合うようになる。原題は『時越愛』。2000年の韓国映画。

2005.09.18 21:16 | 月影の舞

イルマーレ
イルマーレという名の家。その家の郵便ポストを通じて,決して出会うことのない二人が時の流れを越えて出会う。1997年。新築のイルマーレにやってきたハン・ソンヒョン(イ・ジョンジェ)。郵便ポストに入っていた手紙には“イルマーレに住んでいた者です。私宛の手紙が

2005.08.06 10:40 | はとのひとりごと♪

イルマーレ 今年の152本目
イルマーレ 猟奇的な彼女 、僕の彼女を紹介します のチョン・ジヒョン と、イ・ジョンジェ の、ラブストーリー。なんだケド、、、SFなの、、、 SFのラブストーリー、嫌い。 だってこれは、反則技yo。何でも出来ちゃうもの。

2005.07.25 02:44 | 猫姫じゃ

『イルマーレ』
IL MARE(2000/韓国)【監督】イ・ヒョンスン【出演】イ・ジョンジェ/チョン・ジヒョン/チョ・スンヨン自分の後に住むであろう住人に宛てた手紙が、2年前の住人に届いてしまったことから起こる、時を超えたラブ・ファンタジー。多くの方が指摘しているようにラストは!?で

2005.07.13 18:17 | 愛すべき映画たち

「イルマーレ」DVDにて 二回目
先月末に購入したDVD『イルマーレ The Perfect Collection』をようやく見ました。レンタルと違っていつでも見られるという事があり、結局買ってから1ヵ月後の鑑賞と相成りました。1999年のクリスマス間近の12月21日、新人声優の『キム・ウンジュ(チョン・ジヒョン)』は海

2005.07.04 20:48 | xina-shinのぷちシネマレビュー?

イルマーレ
観たのはもう随分前なのですが・・・

2005.06.26 11:57 | イ・ビョンホンさんが頭に棲みついていて困ってる

イルマーレ
海辺の家で受け取ったのは、未来から出された消印のない手紙。 それは切ない恋の始

2005.06.25 23:56 | あたしの探し物

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。