青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
kawanosoko2.jpg 恐るべし、満島ひかり。

 「中の下」を演じさせたら日本一です(笑)。

 どうすればこのような”とても日常的でありながらどこまでも非日常的な”日常が描けるのでしょうか。作者の生い立ちを調べたくなります。

 人間、開き直った時に本当の力が発揮されるようです。そして、心が解放され、周囲と共鳴する・・・。その姿は美しくもあり滑稽でもあり。映画とは、そうした人間の姿を描くものなのではないでしょうか。そして、それをどのようなフィルターを通して描くかなんですよね、監督の作業というのは。

 石井裕也監督のフィルター、とっても気に入りました。ちょっと歪んで見えるところがたまらなく面白いです。

 そして、やっぱり満島ひかり。

 この若さにしてこの剥き出し感。

 今後追っかけたい女優№1ですね。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ  
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/371-0b5616f5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。