青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
sonomati5.jpg 阪神・淡路大震災から15年目にあたる2010年1月17日の夜に放映されたNHKドラマ「その街のこども」。何となく見たそのドラマは、その後、私の心の奥深いところで何かを囁き続けていました。きっと、そういう人が沢山いたのでしょうね。その年の秋「その街のこども 劇場版」として、全国公開されました。

 そして、明くる2011年の3月11日。まさかあのような大地震と大津波に日本がのみ込まれるとは…。今日現在の死者は15,822人、行方不明者が3,926人。この中に救える命はなかったのでしょうか…。

 今、私のように被災地から遠く離れた地に住んでいた者が神戸の街を歩くとき、震災当時のことを思い起こさせるものはほとんどありません。驚嘆すべきスピードで復興が成し遂げられたと思います。
 しかし、現地にあって被災から復興を経験された人たちにとって、これまでの道のりがどのようなものであったのか。正直、全くわかりません。これまで、分かろうともしていなかったようにも思います。「久しぶりに行ってみると、神戸の街が昔のようにきれいになって…。」こんな言葉を、現地の方々はどのような思いで聞かれるのでしょうね。
 だから、見事な復興などとは簡単に口にすることはできません。また、震災の傷跡が見られないなども…。
 また、そうしたハード面だけではなく、心の問題としてこの15年を振り返った時、想像を絶する様々な出来事があったんだろうなと思います。でも、そのことも全く考えることができていませんでした。今、神戸の街を歩く人たち。そして、かつて神戸の街を歩いていた人たち。当たり前のように日常が過ぎ去っているように見えるけれど、ひとりひとりの心の中にはさまざまな思いがあって、今なおけりがついていないことだっていっぱいあるんだろうと思います。
 阪神・淡路大震災は決して歴史上の出来事ではありません。今もなお続いている問題なのです。そんな当たり前のことを、この作品は教えてくれました。

 東日本大震災から7か月が過ぎようとしています。被災地から遠く離れた地で安穏と生きている私に、現地に住む人たちのことの何がわかるというのでしょう。何にも分かっていないんです。そして、何もできていない…。

 そんな私に、この作品はいろんなことを語りかけてくれました。

 問題は、見えることだけではなく見えていないところにもたくさんあるんだってこと。

 せめて、この作品を、一人でも多くの人に広めていきたいと思います。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ  
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/367-bea841f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。