青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
my name is khan1 とてもコメントしにくい映画ですね。でも、私は好きです、この映画。
 
 全くの予備知識なしで観たもんで、驚きや戸惑いも多少はありましたが、観ている間も、観終えた時も、そしてしばらくたった今でも、温かな気持ちにさせてくれる何かを持った映画だと思います。

 発達障害のある一人の男の人生・・・。これだけで大きなテーマを持った作品だといえます。障害をテーマにした作品は、これまで幾度となく作られています。また、名作も多いように思います。この作品も、大きくくくるとその一つになるのでしょうが、それだけではない要素がもう一つあるのがこの映画最大の特徴だと思います。
 もう一つのテーマ。アメリカ社会におけるイスラム教徒の存在。というか、イスラム教徒として、アメリカ社会でいかに生きていくかということ・・・。
 9.11以降、これは厳しい問題ですね。日本にあっても、イスラム系の人たちの存在というのは他とは違った微妙な空気を生み出す要素を持っているように思います。ましてや、アメリカではどうなのか?想像に難くありません。ただ、現実にどうなのかという情報は極めて乏しいのですが。
 
 イスラム教徒でアスペルガー症候群の中年男性が、アメリカで生きていくということがどういうことであるのか。ブッシュ大統領からオバマ大統領の誕生へ・・・変わっていくアメリカ社会を背景にさまざまな課題が私たちに提示されます。その一つ一つを考えさせながら、ラブストーリーという側面も持つこの作品、インド映画独特のサービス精神をギリギリ抑制しながらも所々でちょっとやりすぎるご愛嬌もありながら、最後まで一気に見せてくれます。

 主演のシャー・ルク・カーンとカージョルが素晴らしいですね。特にカージョルが魅力的で、他の作品が見たくなりました。

 決して完璧じゃない、ダンスなし、ちょっと長めのインド映画ですが、十分に楽しめるとともにいろんなことを考えるきっかけにもなると思うので、みなさんにお薦めしたいと思います。そして、みんなの感想が聞きたいなぁと、そんな気にさせる映画でした。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ  
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/361-1cce5a8c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。