青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
(あらすじ)
シンビとともに、晴れて宮中の医局、内医院(ネイウォン)に配属されることになったチャングム。これから1年は見習いとして、正式な医女になるための修練を重ねることになる。そこへ召集がかかる。皇后に流産の兆しが現れたのだ。召集の場で、チャングムは水剌間(スラッカン)の最高尚宮(チェゴサングン)となったクミョンと顔を合わせる。医女見習いとして皇后に薬を持っていったチャングムはまた、いまや女官長のチェ尚宮とも再会する。一方、特別尚宮(とくべつサングン)になったヨンセンやミン尚宮(サングン)とも再会を果たしたチャングムは、その後の宮中の経緯を教えてもらう。

チョンホは上司の左賛成(チャチャンソン)の元、オ・ギョモ一派の一掃を目指し動き始める。中宗が左賛成(チャチャンソン)の提案に同調気味なことから、権力闘争は激しさを増していた。危機感を募らせるオ・ギョモ一派。チョンホは改革を推し進めるため、またチャングムの身を守るため、オ・ギョモに対し先手を打つ。
※NHK HPより

 今回は、ヨンセンとの再会シーンがよかったですね。ヨンセンの境遇を思うと、切なくて・・・。しかし、きっと彼女がチャングムの力になるときが来るであろうと信じて疑いません。
 それにしても、クミョン!この憎らしさはチェゴサングンになって一層磨きがかかりましたね。チャングムとの再会シーンの表情には、驚きとまどう中にも風格さえ漂わせていました。彼女はどうしてもチャングムには勝てないということを、どこかで分かっているのでしょう。関わってしまったことを後悔する彼女の気持ちも、また切ないものです。
 さぁ、来週は・・・・。
 一週間が長すぎる!(笑)
スポンサーサイト

TBありがとうございます。ヨンセン可哀想でしたね。私も、彼女はチャングムの助けになるような気がします。クミョン、私は結構好きです。

2005.06.17 23:32 URL | ミント #- [ 編集 ]

クミョンは哀しいですね。本当はこのようなつまらない争いに巻き込まれることなく、チャングムと真剣に向き合いたかったのだと思います。彼女にそうさせないのは、一族の繁栄を守らなくてはという宿命と、ジョンホの存在・・・。
今後、クミョンがどうなっていくかも気がかりです。まったく、このドラマは興味が尽きませんね。

2005.06.18 06:25 URL | kiosk #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/36-a24c594b

チャングムの誓い 第35話
懐かしい面々が続々と!

2005.06.19 23:55 | ごちゃまぜ

チャングムの誓い 35話
前回の最後、最高尚宮・クミョンとの再会をしたチャングム。皇后は流産をしてしまいました。容態が変化したときに呼ばれた女官長はチェ尚宮。凄く驚いていたけど、クミョンはチャングムにあったことを言わなかったんですね。チャングムはヨンセンやミン尚宮を探します。ミ...

2005.06.18 23:03 | ときどき思いつき日記

第35話 「疑惑」
NHK BS2にて一昨日の放送。 あらすじ前半は以下の通り(NHK「宮廷女官チャングムの誓い」HPより)。シンビとともに、晴れて宮中の医局、内医院(ネイウォン)に配属されることになったチャングム。これから1年は見習いとして、正式な医女になるための修練を重ね

2005.06.18 14:56 | 韓国ドラマファン

「宮廷女官チャングムの誓い」 第35話
「疑惑」今回は、みどころ満載でお腹がいっぱい(^^)。それにしても、もうチャングム追放劇が始まってしまうなんて、早すぎない? もう少し、宮中の医女の仕事ぶりを落着いて見ていたかったのに、チェ女官長もせっかちだわ(^^;)。チャングムは、やっと昔の仲間たちと

2005.06.17 23:28 | 記憶の鞄

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。