青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
kokuhaku2.jpg

 期待が大きすぎたのかもしれません。現在の日本の映画監督の中で最も信頼できる監督の1人である中島哲也監督の作品だから、きっといい作品だろう・・・、また何か驚かせてくれるのでは・・・等と勝手に決めつけていたようにも思います。

 「告白」

 共感しにくいなぁ・・・というのが、観ていたときの率直な感想です。自分の置き所がない。そして、ちょっとつまらない。

 ”悲しみが浅い”・・・・からかな。

 原作は読んでいません。だから、比べようもないのですが、映画「告白」では、個々の悲しみがとても独りよがりでありきたりで幼稚だと感じました。だから、映像に力があるほど感情と遊離してしまって、こちらの身の置き所がなくなってしまうのではないでしょうか。

 でも、何だかんだいって最後まで見せてしまう演出力はさすがですね。観客全員、固唾をのんでスクリーンを見つめていました。ただ、見終えたときの反応は微妙でしたね。今ある感情をどう処理してよいか分からないといった戸惑いが感じられました。「何だったのかな・・・?」っていう感じです。

 この映画、何が描きたかったんでしょうね?

 何かを読みとろうと覗き込んでみると、思いのほか底が浅くてガッカリ・・・なんてことにならないように、これ以上考えることはやめにしようと思います。

 中島監督。次回作、期待しています。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ  
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/345-40a61a8f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。