青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Crazy1.jpg 久しぶりに、アメリカを感じさせてくれる映画を見たように思います。まぁ、その手の映画を避けているところもある訳なんですけど、観ている間はとても心地よく、どっぷりとアメリカに浸ることが出来ました。

 ジェフ・ブリッジスは、この作品でアカデミー主演男優賞を獲ったんですよね。納得の演技かな。でも、今のアメリカがこうした作品、演技を評価するということは、どういうことなのかなぁ・・・なんて、考えてしまいました。ちょっと、疲れてるのかな?国全体が。

 物語は、栄光と挫折、そして再生といったこの手の作品の王道を、堂々と描いたっていう感じでしょうか。こんなにストレートだと、文句も言えません。(笑)だからこそ、それぞれの役者の力量が問われるんでしょうね。ひとつ間違えると、本当に安っぽくなってしまうから。

 ジェフ・ブリッジスとコリン・ファレルの歌は素晴らしかったですね。とてもかっこよくて、気持ちよかったなぁ。やっぱりカントリーはいい!なんて、にわかファンになりそうでした。(笑)

 それと、特筆すべきはマギー・ギレンホール。いい女優ですねぇ。この作品の成功は、彼女によるところがとても大きいと思います。彼女が女性の強さや良さ、可愛らしさやしたたかさ等いろんな表情を見せてくれたお陰で物語に奥行きが生まれ、その結果ジェフ・ブリッジス演じるバッドの存在が浮いてしまうことなく、全体の調和をもたらしていたように思います。

 製作者でもあるロバート・デュバルがいい味出していますが、結局、彼がやりたいようにやった作品だったのかな?なんてことをエンド・クレジットで感じたのは私だけでしょうか?それもまたOKなんですけどね。(笑)

 もう一ひねり欲しかったところですが、そういう映画ではないということで納得でしょうか。アメリカ映画もいいモンですね。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ  
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/344-3acb5ba6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。