青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
milk2.jpg マイケル・ジャクソンが死にました。享年50(歳)。早すぎる死とともにあまりにも寂しい最期に、悲しいという言葉では表現しきれない複雑な思いがこみ上げてきました。マイケルの生涯はいったい何だったのか。最高の成功を収め、富も名声も手に入れたとき、一人の人間として彼が求めたものは・・・。
 黒人のミュージシャンとしてこれほどまでの成功を収めた人を私は知りません。他のジャンルに目を向けても、同様のことが言えるのではないかと思います。それ程、彼の存在は特別でした。彼の音楽は人種も宗教も時代さえも超越しているように感じられました。マイケルが歌い踊るとき、世界は一つになれるかも・・・、それが彼の音楽でした。
 しかし、彼は黒人であることを自ら否定しました。どんどんと脱色されていく肌。とがった鼻。ふたつに割れた顎・・・。全てを手に入れたとき、彼が求めたことが白人になることだったとは。そんな彼を世界中の人たちはどう見ていたでしょうか。特に、同じ肌の色を持つ人たちは。私は吐き気がしました。彼の音楽は永遠ですが、彼のこの愚行は、どうしても受け入れられるものではなかった。
 マイケルの死にあたって思うことは、彼もこの時代の犠牲者であったということです。黒人であることが今の世の中のような価値観で捉えられるものでなかったとしたら、このような彼の死はなかったはずです。もっともっと素晴らしい音楽が生まれ、彼とともに私たちはもっと幸せになれたかもしれない。そう考えると、残念でなりません。

 マイケルの死の翌日、この映画を見ました。

 ハーヴィー・ミルク。享年48(歳)。1970年代のアメリカにおいて、同性愛者であることを告白し、初めて公職に就いた男。同性愛者ばかりではなく、有色人種、労働者、高齢者など社会の底辺にあるマイノリティーのために立ち上がり、時代を切り拓いた男。
 私は、ハーヴィー・ミルクのことを、その名前すら知りませんでした。ラジオから流れてきた「ベンのテーマ」を聞いてマイケルを知り、映画に目覚め、アメリカに憧れていたあの頃、彼はマイノリティのために闘い、人々に希望を与え、社会を変革し、凶弾に倒れていたのでした。サンフランシスコで行われるゲイの行進を報じるニュースを面白可笑しく見ていた記憶はあるのですが、その中心に彼がいたことなど知る由もなく・・・。
 
 キング牧師のことは知っていました。でも、ミルクのことは知らなかった。この違いは何か。ここで、それを論じることはおいておきましょう、ただ、2人の残した功績に、それ程の違いがあると私は思いません。ともにマイノリティーの人権確立に生涯を捧げたのです。

 ここで、気をつけたいことは、キング牧師やミルクが私たちの社会に新しい光を与えたのが、ともに私が生まれて以降のことであるということです。つまり、この50年の間に、人類はその長い歴史で犯してきた間違いに気づき、新たな歴史を作ってきたわけです。50年前に、誰が今のような社会を想像できたか。そして、そんな時代を私たちは生きている。この事を忘れてはいけません。私たちが享受している自由も人権も、彼ら先人の命をかけた闘いがあったからなのです。そしてもうひとつ忘れてはならないことは、まだまだ十分ではないということと、世界には光が当てられていない闇がたくさんあるということです。そこに光を誰が当てるのか。当て続けるのか。我々に残された大きな宿題です。

 私が人類に絶望しない理由。

 それは、我々は確実に進歩しているということです。人類の歴史は、人権確立の歴史であると思います。その過程で流された血と涙。様々な犠牲の上に私たちの人権は成り立っているのです。人権は与えられるものではなく自ら獲得するものである。希望を捨てない者にこそ、それは許される・・・。キング牧師やミルク、その他数々の先人たちがそのことを教えてくれています。

 マイケルが手にしようとしていたものは何か。「We Are The World」で、彼が全世界に発信したメッセージを思うとき、彼もまたミルクたちと並び称せられる偉大な人物であると思います。それだけに、彼の寂しい死は許せない何かを感じます。何かが狂ってしまったとしか、言いようがありません。

 マイケル、50歳。ミルク、48歳。

 2人の生涯を我が身と重ね合わせたとき、我が人生とは・・・と、考えずに入られません。もう一度、自分の生きる意味について、少しばかり考えてみたいと思います。そんな気持ちを思い出させてくれたこの「ミルク」という映画は、私にとってとても重要な作品となりました。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/326-55f7901c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。