青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
magic2.jpg
 とても面白かったです。これなら映画館で観ていても文句はなかったかな。でも、どうしても観に行く気になれなかった・・・。なぜ?

 映画が公開される前にあれだけ監督がウロチョロされちゃぁ、観る前からお腹いっぱい状態で、だんだん気持ちが萎えていったというか、もうほとんど観た気分にさせられていたんですよねぇ。それも、ちょっぴり批判的に・・・。

 さすが三谷監督。楽しませるツボは心得ているわけで、観て決して損はないのですが、あまりにもその仕掛けがミエミエなんですよね。無理矢理楽しませられているような気分になるところもあって、「どうです。ここ笑えるでしょ。」と、スクリーンの向こうでほくそ笑んでいる監督の顔が浮かんできてしまうんです。これまでのイメージを壊したかに見える佐藤浩市の演技でさえ計算尽くで(監督自身のコメントにもそうした意図がハッキリと表れていました)、そこらにも少し嫌気が・・・。

 結局、この作品はあまりにも三谷幸喜的で、そこが売りなんでしょうけど、同時に最大の欠点だと思うんです。つまり、「ちょっと飽きたかな。」と。

 でも、やっぱり面白いんですよ。家で家族とレンタルDVDで観るには最適かと。

 次回作を期待しましょう。次は、アッと驚かせて下さい。古き良きハリウッド映画をなぞったような作品じゃない、「これがあの三谷作品か・・・」と、世間をおおいに裏切るような作品を期待したいと思います。

 それと、監督が映画の宣伝しまくるのは、もうよしましょうね。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/311-1b5601cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。