青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
tennti4.jpg
 いよいよ大河版トレンディドラマ路線まっしぐらってな感じになってきましたね。それならそれでよいのですが(そのつもりで見るから)、ところどころで大河としてのプライドのようなものも見え隠れして、一体どうしたいのかが、未だ掴み切れません。

 でも、阿部寛の謙信や吉川晃司の信長など、見所もたくさんあるわけで、ついつい見てしまいます。
 今回は、お船(常盤貴子)と兼続(妻夫木聡)の漁師小屋の場面は良かったですね。「潮騒」か!なんてツッコミを入れたくなりましたが、常盤貴子はこういう役をさせると魔性の魅力を発揮します。また、華姫(相武紗季)も可愛らしかった。でも、景虎(玉山鉄二)に寄り添うといった演出は、もはや大河じゃない!と思いましたが。
しかし、相変わらず景勝(北村一輝)の描き方が中途半端で、北村一輝に期待していた者としては、今週も不完全燃焼でした。
 
 来週は「信長は鬼か」だとか。ちょっと期待できますね。
 
 合成画面の質がやや低下しているような・・・。こうした部分での緊張感を維持して欲しいものです。

NHK:HPより
天正元年(1573年)7月、越中の混乱を治めた上杉軍は春日山に戻り、祝い宴を開いていた。席上、だれもが、景勝(北村一輝)・景虎(玉山鉄二)二人の活躍ぶりに酔いしれていた。

北条氏からの養子である景虎の身の上を、ずっと不憫(ふびん)に思っていた謙信(阿部寛)は、景虎を真に上杉家の人間として迎えるため、景勝の妹の華姫(相武紗季)と婚儀を決意する。

早速、兼続(妻夫木聡)は祝いの品を買いに、お船(常盤貴子)と二人で、直江津の町に出かけた。帰り道、雨に降られた二人は、浜辺の漁師小屋で雨宿りをすることになり、気まずい雰囲気に陥る。

一方、その頃、兼続の実家の樋口家では、母・お藤(田中美佐子)が病で床に伏すことが多くなっていた。

翌年、天下統一を狙う織田信長(吉川晃司)から謙信にいきなり洛中洛外図が送られてくる。その絵には、御所に向かう謙信らしき武将の姿が描かれていた。兼続は、絵は信長の謙信に対する挑戦状と考え、真意を確かめるため、信長の使者として来た初音(長澤まさみ)とともに、信長のいる岐阜城へと旅立つのだった。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/308-b2192ae0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。