青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
tokyosonata1.jpg
 途中までは本当にいい感じの映画だと思ってみていました。ところが彼が出てきた途端に、違う映画になってしまって・・・。そして、彼がいなくなるとまた元のいい感じの映画になりました。これは一体どうしたことなんでしょうか。
 
 役所広司・・・。
 
 いい役者だってことは分かってます。ただ、この映画ではどうなんだろう。あそこであのような形で出てくる必要はあったのかなぁ・・・?

 
 黒沢清映画では無くてはならない役者のようですね。もしかしたら、監督の分身とか・・・。
 
 とにかく、彼が登場するシーンだけが全く違うリズムになってしまい、?????てな感じなってしまうんです。これは意図的なものなのか、それともそうなってしまうのか。ただ、黒沢清映画においての役所広司は特別な存在のようで、とすれば彼が登場する場面にこそこの映画の核心があるのかも・・・なんて考えてしまいます。ならば、この映画はダメですね。面白くない。

 小泉今日子と香川照之は抜群でした。

 物語も、まさに今の時代を見事に切り取っていて、これを制作した時に現在の派遣切り、大リストラ時代を予見していたのかと驚いてしまうほどです。今こそ見るべき映画ですね。また、子どもたちの生き様も興味深く、共感できるものでした。

 それだけに、途中30分ほどの破綻が何とも残念です。

 ”傑作になり損ねた愛すべき映画”として記憶しておくことにいたします。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/304-d53b0803

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。