青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
tora1.jpg

 今年の元旦の夜は、「男はつらいよ」にしようと思いました。

 いやぁ、やっぱり面白いなぁ。やはり傑作です。さすが山田洋次。さすが渥美清です。

 「男はつらいよ」シリーズは、毎年、お正月とお盆に観に行っていました。当時、こういう人はたくさんいたでしょうね。この映画を観て、「今年もいい年でありますように。」とか、「あっ、お墓参りに行かなくては。」なんて考えた人がどれ程いたことか。そして、「あぁ、日本人で良かったなぁ・・・。」なんて。

 ところで、寅さんはいつから日本を代表する善人になってしまったのでしょうね。本来の寅さんは、この作品で描かれたようにあくまでもアウトローであり、近所のおかしなオジサンであり、身内にとっては困った奴なんですよ。だから、TVシリーズでは死んでしまった。山田監督としては、そうするしかなかったんです。
 それがいつの間にやら国民的なヒーローになってしまった。そして、挙げ句の果てには物わかりのいいオジサンになってしまったというわけです。これは、時代がそれを求めたとしか説明のしようがないと思うのですが・・・。

 でも、困ったことに山田監督まで変わってしまった・・・。

 この作品で見られるような反骨精神はどこへやら、いつの間にか説教臭いだけの教条主義者になってしまったように思います。かつて彼のことを尊敬し、目標としていただけにとても残念でなりません。

 ともあれ、この頃の寅さんは素晴らしい。これぞ、日本映画の基本中の基本。

 山田洋次監督の復活を、心から祈ります。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/300-9eb73d47

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。