青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
yamazakura3.jpg

 藤澤周平原作の映画は山田洋次監督の作品でこれまでも見てきたわけですが、この「山桜」が間違いなく一番いいですね。

 まず、手塚弥一郎役の東山紀之が抜群にいいです。「武士の一分」の木村拓哉は言うに及ばず「たそがれ清兵衛」の真田広之よりもよかった。武士とはこう凛としていて欲しいものです。そして、この人剣を持つ姿が美しいですね。斜に構えたときの懐の深さのようなものが、とても絵になっていました。この辺りがキムタクとは大違い。
 また、ほとんどセリフがないのに、そして表情も変えないのに、それぞれの場面での思いが本当によく伝わってきました。この辺りが真田広之(当然キムタクも)との違いでしょうか。所々に挿入される美しい景色とともに、まったく惚れ惚れするような武者ぶりであったと思います。

 田中麗奈はやや日本髪に違和感があるものの、とても素直に演じていて好感が持てます。やはり彼女は、いい女優さんです。

 他、篠田三郎、壇ふみ、富司純子・・・みんなよかった。とりわけ永島暎子がよかった。この人はたまに現れて、いつも私を驚かせます。(笑)「竜二」の頃から、ずっと。

 無駄な演出を排除した、とても気品のある日本映画です。

 でも、エンディングの歌だけは、いらなかったなぁ・・・。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/295-3c7b0e3d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。