青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


 中学生の頃、♪「『いちご白書』をもう一度」という曲がヒットしました。バンバンの歌です。

 あの頃、歌詞の内容については十分に理解できていなかったと思います。ただ、「就職が決まって髪を切って来たときに、もう若くないさと君に言い訳したね」というフレーズが、妙に心に残っていました。大人になるのはそういうことか・・・なんて。

 「いつか君と行った映画がまた来る、授業を抜け出して二人で出かけた」
 この歌い出しは素晴らしいですね。この歌の世界が一気に広がります。大学生活に憧れたものです。大学に行ったら彼女ができて、映画に行くんだ・・・。(笑)
 
 「君も見るだろうか『いちご白書』を、二人だけのメモリーどこかでもう一度」
 こんな風にふと振り返る映画が誰しもあると思います。その映画を見たときのさまざまな思い出とともに、キューンと突き上げて来る感傷。思い出は、映画とともに・・・。でも、うかつに思い出を語っては行けません。思い出はいつしか美化され、適当に都合よく編集されているからです。一緒に見た相手だって、思い出の通りであるとは限りませんから。(笑)
 ※この歌が流行ったとき、メモリーを「思い出」と訳すことができず、何故かずっと主人公の名前なんかなぁ・・・と思い込んでいました。(笑)♪「学生街の喫茶店」でも「学生でにぎやかなこの店の、片隅で聞いていたボブ・ディラン」のボブ・ディランも曲のタイトルと思っていたりして・・・。(苦笑)

 この曲を作ったのは荒井由美(松任谷由美)なんですよね。さすがというか、誰も真似できません。

 ということで、見ていないのにも関わらず強烈な印象が残っている映画『いちご白書』を、その存在を知って35年経った今、ようやく見ました。いやぁ、こんな映画だったんですね。

 1968年コロンビア大学での学園紛争を題材にした1970年の青春映画。その頃(1968年 - 1970年)の日本も全共闘運動大学紛争の時代だったので、きっとこの映画も若者たちに歓迎されたのでしょうね。私は小学生だったのでその辺りがよく分からないのですが。その後、歌に取り上げられる程なのだから、この時代に学生であった人たちにとっては、特別な作品であったのでは?と想像してします。

 映画は、平凡な生活を送っていた学生がいかにして学園紛争に巻き込まれていくかという内容のように思います。巻き込まれるというのは適当でないかもしれませんね。興味本位で近づいて、そこでの体験を重ねるうちに気がつけば渦中にいた・・・という感じでしょうか。きっかけが、バリケードないで見かけた可愛い女の子というところが、妙に納得できました。たぶん、ほとんどがそうした何気ないことから始まっているのでしょうね。そして、いつの間にか引き返せないところまで行ってしまうという・・・。連合赤軍の人たちも、そのスタートは案外そうしたものであったのかもしれないなぁなんて考えました。

 ドラマは、今となってはそれ程のインパクトもないのですが、衝撃的なのはカメラワークです。もう、グルグル回ります。(笑)これは見た人でないと理解してもらえないと思いますが、とにかくグルグル回るんです。そして、押したり引いたり、上から下から、逆光だってなんのその、とにかく酔っぱらってしまいそうなほどあらゆるアングルから撮影されるんですねぇ。もう、ビックリです。
 でも、この撮り方、何か懐かしいなぁ・・・なんて考えていると、ふと思い出したのがTV「俺たちの旅」です。あのドラマの撮り方も独特なものがありましたが、きっとこの映画の影響を受けているように思います。この映画ほどグルグルは回りませんが。(笑)あの時代の撮り方が、こうしたものであったのかもしれませんが、学園紛争にゆれる若者たちの心情を描くのにはとても合っていたように思います。

 ショックを受けるほどの作品ではありませんでしたが、あの歌が流行っていた頃の自分を振り返りながらの鑑賞は、ちょっぴり感傷的でもあり、なかなか楽しい時間でした。

 私としては、「『いちご白書』をもう一度」 が好きだといっていたあのクラスメイトをもう一度・・・なんですけどね、実は。(笑)

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/291-6a264b5f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。