青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
after1.jpg









 この映画を見れば、「映画の良し悪しはほとんど脚本によって決定される」ということがよく分かると思います。

 とにかく、面白いです。見事にだまされます。ほんとに気持ちよく。手を叩いて笑ってしまいました。となりに座っていたおばちゃんやお婆ちゃんと一緒に。(笑)

 この映画を見ない手はないなぁと思います。ホントにだまされたと思って見て下さい。思いっきりダマされますから。(笑)

 役者も演出もいいですよぉ。スキがありません。それもこれも、やはり脚本段階でこの映画のほとんどの部分が完成されていたからでしょうね。あとは、そこに自分をどう入れていくか・・・ということで良かったのではないでしょうか。

 内田けんじ監督。嫉妬してしまうくらいの才能。これは三谷幸喜以上の天才ですね。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/285-525a7b91

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。