青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
koyoi4.jpg


 アルトマン監督の遺作ということですが、「さすが!」と思わせる素晴らしい仕事ですね。よく練られた脚本に洗練された演出。撮影も音楽も、全く無駄がなく心地よい、まさに職人技です。出演陣も素晴らしい。メリル・ストリープとリリー・トムリンの円熟したコメディエンヌぶりには、脱帽するしかありません。
 日本では、三谷幸喜監督が好んで描きそうな世界ですが、やはり全てにおいて格が違うというか、「こうやって作るんだよ。」といったお手本を見せてくれているように感じました。まぁ、ショービジネスの歴史が違いますからね。
 しかし、だから傑作かというとそうはうまくいかないのも映画の不思議で、「まぁ、よくできた面白い映画だった。」というのが正直な感想でしょうか。それで充分なんですけどね。
 プロ中のプロが、素晴らしいプロたちを集めて、思いのままに楽しい映画を作った。
 こんな映画が常に劇場に掛かっている時代が、いつの日か再びやってくるといいですね。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/253-3612cc96

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。