青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2466.jpg


 この国の自由と平和は、銃と差別の上に成り立っているということでしょうか。

 ついにジャックのオヤジ登場!もっと激しい人物を想像していたのですが、やや肩すかしかなぁ・・・。
 そして、弟が正体を見せ始めましたね。しかし、ジャックのように国家の中枢で仕事をし、中国や中東諸国にとって最重要人物の家族に対して、ここまでノーマークであって良かったのか???という気もします。この辺りにも、今回のご都合主義が見え隠れ・・・。

 4分の1が終わった時点でやや消化不良気味の「24Ⅵ」。
 ここから盛り上げていって下さいよ!

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
HPより
弟グラハムの尋問を続けるジャックは、グラハムが雇ったマッカーシーという下請け業者が核を横流ししていた事を知る。父親はグラハムの失態を隠ぺいし、自らの手でマッカーシーを捕らえるため、1時間前に武装チームを連れマッカーシーのオフィスへ乗り込んだという。ジャックはCTUに応援を要請し、マッカーシーのオフィスへと急行する。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/246-b759ee10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。