青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
tokikake1.jpg


 こんなに気持ちよく突き抜けた空を観たのは久しぶりです。
 「クレヨンしんちゃんアッパレ戦国大合戦」と「天空の城ラピュタ」の空が大好きでしたが、この作品の空も大好きになりました。

 大林宣彦監督の「時をかける少女」を同時代で観てきた私たちにとって、この作品は果たして受け入れられるものなのか・・・と心配していました。事実、私の知人などは「原田知世以外の”時かけ”など考えられない・・・。」と、観ることすら拒否する始末で、まぁ、それだけあの映画が我々に愛されてきたというわけです。

 公開当時、別の知人から「是非、観ろ!」との興奮気味のメール。彼が推薦した作品で外れたものはないので期待が高まりました。しかし、私の街では結局公開されず、DVDの発売まで待たなくては仕方ありません。それからの半年の長かったこと。(笑)その間、いろんな賞を獲ったりもして、ますます期待は高まります。そして、ようやくDVD発売。当日は「ロッキー・ザ・ファイナル」の公開日とぶつかってしまったために、1日遅れの鑑賞となりました。

 いやぁ、評判通りのいい映画ですね。

 突き抜けています。

 この感覚、私があらゆるものを評価する大切な規準の一つなんですが、見事に突き抜けていました。

 現代の「時をかける少女」。映画版のその後が描かれているわけなのですが、原作の良さを残しつつ見事に独自の世界を創造できていたように思います。
 主人公の少女が、泣き、笑い、悩み、戸惑い、そして時を自由にかけぬけていく様の楽しいこと。映画版のミステリアスで叙情的な雰囲気とはまた違う、爽やかで伸び伸びとした感じがとても良かったように思います。
 タイムリープ。
 10代半ばの、何とも不安定なあの時期、確かに時の流れが止まったり早くなったり遅くなったりしたような記憶があります。あの感覚はなんだったのでしょうか。

 もう、いいかげん年をとってしまった私たちに、なんだか懐かしい感覚を蘇らせてくれた、やっぱりこれはいい映画ですね。観るのを拒否していた知人に、「是非、観ろ!」とメールをしておきたいと思います。

 あらすじは【More】をご覧下さい。

 詳しくは「シネマッド・ファミリー」の映画日記で。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
(HPより)

高校2年生の紺野真琴は、故障した自転車で遭遇した踏切事故をきっかけに、時間を跳躍する能力を得る。

叔母の芳山和子にその能力のことを相談すると、それは「タイムリープ」といい、年頃の女の子にはよくあることだという。記憶の確かな過去に飛べる能力。半信半疑の真琴だが、ひとたびその力の使い方を覚えると、それをなんの躊躇も無く、日常の些細な不満や欲望の解消に費やす。世界は私のもの!

バラ色の日々と思われたが、クラスメートの男子生徒、間宮千昭や津田功介との関係に変化が。友達から恋人へ!? 千昭から思わぬ告白を受けた真琴は狼狽のあまり、その告白をタイムリープで、強引に無かったことにしてしまう。

やりなおされた「過去」。告白が無かったことになった「現在」。ところがその千昭に、同級生の友梨が告白。まんざらでもなさそうな千昭。さっきまで真琴に告白していたのに! 面白くない真琴。その上、功介にあこがれる下級生、果穂の相談まで受けてしまう。

いつまでも3人の友達関係が続けばいいと考えていた真琴の望みは、タイムリープでかえってややこしく、厄介な状況に。叔母の和子は「つきあっちゃえばいいのに」と、のんきなアドバイス。真琴は果穂の恋を成就させるために、タイムリープで東奔西走するのだが…。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/226-3f3a7c75

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。