青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ookami1.jpg

 こんな素敵な映画が「ALWAYS 三丁目の夕日」の陰に埋もれていたのですね。あの昭和ブームの中に作られたことと、「狼少女」というタイトルが、この作品を正当に評価しづらくしてきたのかもしれません。今回DVDが発売されたことをきっかけに、たくさんの人に見てもらいたい作品ですね。見ればきっと驚くはずです。いい映画なんです。
 
 昭和四〇年代の子供たちの世界が描かれています。

 子供時代の夕暮れ、大人の世界の夜明け。
 出会いと別れ。
 「ごめんなさい」と「ありがとう」。

 この映画を通して、みんな自分自身の狼少女を思い出すはずです。

 詳しくは「シネマッド・ファミリー」の映画日記で。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/221-a88f4c91

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。