青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
seishunnomons.jpg

 「青春の門」が、久々に注目を浴びています。
 コミック・モーニングで岩重孝が連載を初め、TVでも今夜と明日の二夜連続で放送されます。
 岩重孝は、私が大好きな「ぼっけもん」の作者です。彼が今回取り上げたのが「青春の門」。五木寛之の小説を何度読み返したことでしょう。近々、この漫画が単行本化されるとのこと。期待せずにはいられません。
 この作品、これまで2度映画化されていますが、いずれの作品も名作でした。でも、やはり第一作が素晴らしいかなぁ・・・。そして、今回はTVで。TVでは、これが初めて?なのでしょうか。それにしても、漫画化・TV化と、「青春の門」ブームですね。
 今夜の前編を観ているのですが、やはり面白い。映画の時はあまり気にとめなかったタエと金山の部分が心に残るのは、時代の影響でしょうか。それとも私が、やっと理解できる年になったということでしょうか。
 これだけ原作が面白いと、いつの時代に作っても名作になりますね。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/22-9bd900d1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。