青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
deguti1.jpg

 これは、近年最大の期待はずれ映画でした。まったく残念!

 横山秀夫の原作は、太平洋戦争史、いや日本の歴史においてもっと語られるべき”回天”を、私たちに知らせたということだけでも重大な意味を持つと思います。しかも、面白い。この小説は”回天”を通して、戦争と人間を見事に描いています。そして、素晴らしい青春小説にもなっています。
 あの原作を、山田洋次が脚色し、「半落ち」の佐々部監督が映画化する。期待しないわけがない。でも、ダメでした。まったく人間が描けていません。まったく戦争が描けていません。山田洋次は、この原作から何を感じ、何を描こうとしたのでしょうか。

 上野樹里だけが救い(笑)なのですが、彼女にしても彼女の中では一番平凡な演技でした。市川海老蔵なんて、まったく並木の苦悩が演じられていません。演じると濃くなる顔だから、わざとあんな風にポカンとした演技をしたのかなぁ。完全なミスキャストですね。

 とにかく期待していただけに、本当にガッカリしました。

 詳しくは「シネマッド・ファミリー」の映画日記で。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/218-ea3f3707

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。