青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
lost01.jpg

 今回は、チャーリー。
 禁断症状に苦しむ彼の姿とともに、ロック・スターであったころの様子がフラッシュバックしていきます。彼の優しさ、弱さ、繊細さ。チャーリーに対する見方が変わりました。
 今回、ジャックは事故に巻き込まれ脇役に回ります。そのかわり、彼を助けるために必死になる仲間たちの姿から、それぞれの人間性がより鮮明になってきたように思います。
 一方、海辺に残ったサイードは、謎の信号を発信源を突き止めようとするのですが・・・。
 そして、ジャックとケイトの恋の行方は・・・。

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ
(あらすじ) BS.i HPより
 チャーリーがドラッグの禁断症状でジャックに食ってかかっていると洞くつが崩落し、中にはジャックだけが取り残される。チャーリーはすぐビーチに助けを呼びに行き、マイケルやブーンらを連れて戻ってくる。ブーンはサイード、ケイトとフランス人の信号の発信源を突きとめるはずだったが、ブーンはその役目をシャノンに任せて洞くつへ。

 山に入ったケイトに洞窟の事故を伝えるよう言われたソーヤーは、ケイトの冷たい態度に腹を立て、すぐには伝えない。やがて日が沈む寸前、ソーヤーにジャックが生き埋めになったと聞いたケイトは、すべてを放り出し洞くつへ。

 洞くつではトンネルが掘られ、中で動けないというジャックを助けるため、チャーリーが中に入ると手を上げたが、チャーリーが入ると、また穴が崩れて2人は洞穴に閉じこめられてしまい・・・


 チャーリーは本当にロックスターだったんですね。(笑)”ロックの神”だとか・・・。
 今回、ケイトのジャックに対する思いがハッキリしますね。悔しいけどスッキリしました。(笑)
 しかし、洞窟にジャックを閉じこめた彼の地震。この島は、島そのものが何かの意志を持っているのでしょうか・・・。謎は深まるばかりです。
 そして、サイードを襲ったのは誰!?
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/206-dda0ced1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。