青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
hatikuro3.jpg

 DVDが出たので、改めてこの作品を見直しました。
 良い映画なんだけどなぁ、どうしてあまり評価されないんでしょうか。物語が幼稚?イエイエなかなか良くできていますよ。学生時代のがむしゃらな気分だとかふわふわした感じとか、自信満々であると同時にコンプレックスの塊であるところなんか、とても上手に描いていると思います。
 役者達も良いですね。櫻井翔・蒼井優・伊勢谷祐介・加瀬亮・関めぐみ・・・・。みんないいんですよ。日本映画の未来は明るい!それと、西田尚美もイイですしね。(笑)
 私は原作の漫画は読んでいません。だから、青春映画としてこの作品を見たいと思います。そして、胸を張って言いたい「この映画、好きなんです。」と。
 まぁ、こんなこと声高に主張する必要はないんですが、映画賞が発表される時期になってきて、この作品とか「花よりもなほ」なんかがまったく評価されず無視されてしまう現状に歯痒さを覚えるんです。別に賞は獲らなくてもいいけど、ちゃんと見て欲しい。この「ハチミツとクローバー」、少なくとも「武士の一分」よりは絶対に面白いし、いい出来です。
 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/201-9dda9b66

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。