青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 明けましておめでとうございます。




 今年最初の映画レビューは「嫌われ松子の一生」です。
 やっぱり期待通りの面白さでした。最初からの10分間はイメージの洪水に溺れてしまいそうでした。でも、何とか波に乗ってしまうと、一気に最後まで楽しめます。「もう、どうにでもして状態」で、松子の人生にどっぷりと浸からせてもらいました。さすが「下妻物語」の中島監督ですね。
 映画に何を求めるかということが問題になるとは思いますが、映画の持つ見せ物小屋的な面白さを愛する人にとっては、この映画は傑作になると思います。とにかく次に何が飛び出すのかワクワクします。あとに何が残るのかと言われると、「・・・。」ですが。

 詳しくは「シネマッド・ファミリー」の映画日記で。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/196-19566ca3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。