青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 ポール・ハギス。彼の仕事を並べてみると・・・

(1987) 帰ってきたむく犬 <未> 脚本
(1993~2001) 炎のテキサス・レンジャー <TV> 企画
(2004) クラッシュ 監督 /製作 /原案 /脚本
(2004) ミリオンダラー・ベイビー 製作 /脚本
(2006) 007/カジノ・ロワイヤル 脚本
(2006) 硫黄島からの手紙 製作総指揮 /原案
(2006) 父親たちの星条旗 脚本

 まさに、現代を代表する映画人ですね。
 この1ヶ月で、彼の作品を3本観ていました。まったく無意識に。めったにアメリカ映画を見ない私が選んだ3作品全てに、彼が深く関わっていたことは、単なる偶然ではないと思います。きっと、これからも見続けていくのでしょうね。何か運命的なものを感じます。
kurasshu1.jpg

 「クラッシュ」と「ミリオンダラーベイビー」。ともにオスカーを受賞した、現代のアメリカ映画を代表する作品です。そして「硫黄島からの手紙」もまた、オスカーを・・・。
 この3作品から現代のアメリカを見たとき、多くの矛盾や間違い、怒り、哀しみ、嘆き、諦めをこの国が抱え込んでいるということが分かります。しかし、そんな絶望の中から、希望の光を見出そうともがき苦しんでいる姿も見ることができるように思います。アメリカは病んでいます。どうしようもなく。でも、このままじゃあ済まさない、アメリカの良心を取り戻そうとする決意のようなものを、彼の作品から読みとることが出来るのではないでしょうか。だからこそ、アカデミーが彼やクリント・イーストウッドの作品を評価しているのだと思います。
 さて、日本にそのような作家がいるか・・・。「硫黄島からの手紙」をハリウッドに作られる日本映画界には期待できないなぁ。 
 milliondollar.jpg

 「クラッシュ」と「ミリオンダラーベイビー」については、「シネマッド・ファミリー」の映画日記で。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/194-71491831

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。