青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
5-10.jpg

 ジャックに恨みを持つ元上司クリストファー・ヘンダーソンの登場で、さらに緊張感が高まります。ピーター・ウェラーですか。渋い役者です。それにしても、この男、ジャック以上に強くて切れている!(笑)
 リンの暴走&迷走はさらにひどくなってしまい・・・。この男も哀しいなぁ。CTUのスタッフに幸せな人間はいないのか。オードリーが頑張りマスねぇ。ジャックへの愛故か・・・。

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ
(HPより)
 ネイサンソンが残したチップから、ガスの製造元がオミクロン・インターナショナル社であることが判明する。同社の副社長クリストファー・ヘンダーソンは、かつてジャックの上司であり、不正を犯した疑いでジャックの手によりCTUを解雇された経緯があった。ジャックは迷わずヘンダーソンの関与を疑い、オミクロン社へ急行する。一方、苦悶しつつもテロリストとの取引に応じたローガン大統領は、突然のマーサの捨て身の行動に驚愕し、苦渋の決断を強いられる。

 大統領、今回はあなたの苦悩に少し同情しますが、テロリストと裏取引してどうしますか。そして、自分の妻が犠牲になることでそれだけ動揺するなんて、あなたがしていることは、ロシアとの戦争に発展する可能性すら考えられるのに。
 しかし、この選択は難しいなぁ。さすがのマイクも首を振り通しです。
 まぁ、リンをのぞくCTUの頑張りで最悪の事態は免れましたが、この事態の収拾は本当に難しい。テロリストは待ったなしの攻撃を仕掛けるだろうし、ロシアも黙ってはいない。シーズンⅣの中国どころじゃないですよ。
 それと気になることがひとつ。ヘンダーソンと電話で話していた女性の正体は?どこかで聞いたことがある声のような・・・。オードリー?大統領夫人?そんなバカな!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/166-44e3141e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。