青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
5-3.jpg

 テロリストに拘束され絶体絶命のピンチにも、ジャックはやはり冷静でした。まぁ、いつものことですが。(笑)

 ここでまた面白いキャラクターが登場します。マクギル。これがまた嫌な奴で。(笑)しかし、・・・。

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
 CTUの本部からマクギルという嫌な奴がやってきました。これまでも本部からやって来た奴にいい人間はいなかったわけで(笑)、しかし、それぞれに仕事はやるんですよねぇ。それも、命をかけて。
 ジョージ、シャペル、ドリスコル・・・。懐かしいなぁ。

 このマクギルの機転で、ジャックは九死に一生を得ることになります。テロリストに拘束された状態でカーチスに作戦の指令を出すジャック。テロリストたちに悟られないように危機を伝えるジャックなのですが誰も気づいてくれません。ジャックの言葉のままに突撃すると全滅も・・・。そこでマクギル。ジャックの言葉の中に現在使われていない暗号が含まれていることを発見し、危機一髪で作戦を変更します。まぁ、予定通りの展開なのですが、それなりにハラハラドキドキで、アメリカで視聴率が下がらなかったことがうなずける演出です。それにしても、ブキャナンもカーチスも、ここ一番で頼りにならないぞ!

 何とか危機を脱したわけですが、大統領は相変わらずだし、側近は裏切り者だし、大統領周辺はいよいよいけない状態になってきました。こんな時はマイク、あんたがしっかりしてくれ!

 さて、次回はCTUにジャックが帰って来ます。しかし、パーマー暗殺の容疑者としてですが。どうなる、ジャック!どうするジャック!!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/156-24016d23

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。