青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
5-3.jpg

 「どうしていつもこうなんだ!」
 ジャックの気持ち、分かるなぁ・・・。

 そもそも、エピソード1で一人娘のキンバリー(キム=ムチムチプリンプリンボヨンボヨン)に振り回されて以来、ここという時に身内が手枷足枷に。今回もやはり同じ展開で・・・。

 しかし、毎度のことながらCTUの調査能力はすごいですねぇ。写真一枚で全てが分かる。もしこれが本当なら、私たちのプライバシーなんか無いに等しいような気がします。
 安倍心臓内閣が、日本版CIAを作るとかといった報道もありましたが、いっそCTUも作っては・・・なんて言えないですね。

 以下、ネタバレになってしまうので、それでも結構という方は「More」をご覧下さい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ
 ジョージ、シャペル、トニー、ドリスコル、ミッシェル、そして、ブキャナン。CTUを仕切るのは本当に大変です。今回、国民の安全よりも我が身を守る間抜けなローガン大統領と対決しなくてはならないブキャナンは、本当にお気の毒ですね。
 空港で多数の人質を取って立てこもるテロリストたち。今回は、ロシアからの独立を目指しているグループだとか。ロシアとアメリカが手を組んでテロ対策に取り組もうという条約を破棄させることが目的だということですが、本当にそれだけでしょうか。
 彼らは、大統領の側近とも通じています。となれば、これはアメリカにおけるクーデター計画ということになるわけで、自らの目的のためなら誰とでも手を組む、まさに国際版仁義なき戦いです。

 またまた人質になってしまったジャック。今度はどんな方法でこの危機を脱するのでしょうか。
 さて、続きを観ましょうか。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/155-2d4c989c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。