青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
sim02.jpg

 ソルトレイクオリンピック・カーリング日本代表チーム”シムソンズ”。彼女たちが歩んできた道程を描いた爽やかな青春映画です。

 実話ものの映画ということで、それ程の期待をしていなかったのですが(こういう偏見がいけない)、とてもいい作品でした。誰が観ても気分よく見ることが出来る、そして元気や勇気をもらうことが出来る、そういう意味で大切にしたい映画ですね。

 加藤ローサをはじめとする4人のメンバーが、それぞれの個性を発揮しつつ伸び伸びと演技しているところがいいですね。それと、大泉洋。「水曜どうでしょう」とは違った、役者としての魅力を再発見しました。これまでの作品の中では、一番彼らしくていい役だったのではないでしょうか。そして、お母さん役で森下愛子が出ていたのがうれしかったですね。アイドル時代?よりも、もっとしなやかでもっとしたたかでした。(笑)

 しかし、オリンピックに便乗した形で公開されたため、企画もののような感じで受け取られたことが残念です。映画として正当に評価され、もっと多くの人に見てもらいたい映画ですね。

 詳しくは「シネマッド・ファミリー」の映画日記で。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/151-9a8f6daf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。