青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
niraikanai.jpg



 いい映画です。
 南の島の景色を見ながらゆったりと・・・、なんていう軽い気持ちで見始めたのですが、ラストまで目を離すことが出来ませんでした。でも、ハラハラドキドキといった展開ではありません。時間を超えた親子の愛情が、静かに丁寧に描かれていきます。「岸辺のふたり」のように。

 蒼井優は、これが映画初主演作でしょうか。決して美人というわけではないのだけれど、「放っておけない」魅力というのでしょうか、彼女でなくては出すことが出来ない不思議な雰囲気を持っていますね。上野樹里が役によって七変化するのとは対照的に、蒼井優の場合は役が彼女の方に近づいてくるように、どの役をしても蒼井優で、それが許される数少ない女優だと思います。

 こんな映画が作りたかったなぁ。そんなことを考えながら観ていました。

 詳しくは「シネマッド・ファミリー」の映画日記で。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/148-c2e9a347

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。