青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
hatikuro3.jpg

 とても良い青春映画ができあがりました。みんなにお薦めしたい作品です。

 内容についてはここで説明するまでもなく、大人気コミック「ハチミツとクローバー」です。しかし、私、実は原作を見ていません。でも、十分楽しめました。だから、ここではこれから見に行くであろう人たちのために(原作を読んでいる人も読んでいない人も大丈夫な仕上がりだから)紹介はしません。でも、どうしてもある程度知りたい方は、こちらへどうぞ。

 私たちの青春時代には「俺たちの旅」という永遠の名作ドラマがありました。漫画にも、「ぼっけもん」という傑作もありました。この映画は、そうした名作の雰囲気を持っています。※若い人にはわからないでしょうが・・・。
 どこが似てるの?という同年代の方もおいでかと思います。等身大の青春とでも説明すればよいのでしょうか、登場人物たちがとても常識的でありながら青春時代特有の雰囲気を漂わせているわけです。彼や彼女たちの”ちょっと背伸びをしている感じ”が心地よいとでも申しましょうか(笑)、「あぁ、こんな感じだったかなぁ。」とか「こんな風に青春時代を送りたかったなぁ」などと思いながら見ていました。
 当然、リアルタイムにこの世界を生きている人たちは、また違った感想を持ったのでしょうが、原作がとても多くの若者に支持されているということは、私たちの世代の感覚とまだ通じ合う部分が残っているのかなぁ・・・なんて、ちょっとうれしかったりもします。

 蒼井優をはじめとする若者たちは、とても伸び伸びと演じてくれていました。好感が持てます。演出も、とても素直で清々しい。◎です。

 みなさんお薦めですよ。ぜひ映画館で。

 「シネマッド・ファミリー」の映画日記でも紹介しています。ちょっと寄ってみてください。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト

はじめまして。

「ハチミツとクローバー」は
青春映画の普遍的なテーマを
丁寧に描いた誠実な作りである点が
とても良いですね。

原作とは異なる部分も多いのですが、
原作ファンの私でも充分に
満足できる作品でした。

2006.07.30 21:50 URL | トミー #- [ 編集 ]

 トミーさん

早速のコメントありがとうございます。
私、実はあまり期待をせずに・・・というか全くの予備知識なしに見たのですが、本当に心地よく見ることが出来ましたし、見終わった後はとても気持ちの良い風が吹いているようでした。これは、素晴らしいことですね。

続編を期待したいと思います。 

2006.07.30 21:55 URL | kiosk #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/140-4870bb54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。