青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 ワールドカップ予選。よくサッカーは戦争にたとえられますが、現状における「日本vs北朝鮮」は、これまで日本代表が戦ったどの試合よりもその色合いの濃い試合だったかも知れません。
 しかし、素晴らしい試合でした。政治的な背景はこの際抜きにして、自らのプライドをかけて持てる力のすべてを出し切って戦った選手達に拍手を送りたいと思います。
 それにしても、日本がリードし、北朝鮮に追いつかれ、ロスタイムも残り1分での決勝ゴール!これほど劇的な展開は、計算しても作れない思います。これをドラマにするとかえってシラケてしまうほどです。(笑)このような展開でもし負けていたら・・・。その喪失感は計り知れなかったですね。本当に勝ってよかった。
 日本代表がアジアのチームと戦うとき、「絶対に負けられない戦いがそこにはある。」というキャッチフレーズがありますが、この試合はお互いにとって本当に負けられなかった。特に日本は引き分けも許されない状況だったと思います。両国間に横たわる様々な問題が、この試合に対する人々の思いを複雑なものにしていると思うのですが、いざ試合が始まるとそのようなモヤモヤが吹っ飛んでしまいました。
 ピッチ上の選手達が純粋に勝利を求めて戦う姿は、理屈抜きにスポーツの素晴らしさを伝えてくれます。かの国では今日のこの素晴らしい試合を伝えていないそうなのですが、国の威信を懸けて戦った自国の選手達の様子を褒め称えてやって欲しかったと思います。日韓共同開催のワールドカップが、今日の韓流ブームの下地を作ったように、スポーツが日朝の未来に何らかの突破口を開けてくれるのではないか・・・等と夢想しながら試合を見ている瞬間がありました。
 とにかく本当に素晴らしい試合でした。勝ってよかった。大黒よくやった!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/14-6d65d93e

スポーツのあるべき姿を今回のサッカーの試合を通して考えてみよう。 [意見募集中]
無事北朝鮮との試合に勝ったようです。 自分はああいう国と国との威信をかけたスポーツとか、マスコミが 扇動するような大会には全く興味ないのですが、まぁ、自然な感情として 勝てたのはよかったですね。 ところで、わーい、勝てた というだけでいいのかなぁ? サッカー.

2005.02.12 05:13 | NewsToday-4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。