青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
yougisha1.jpg

 残念!面白くなかった。これを映画館で見せられたら、きっと不満が残ったでしょうね。
 内容は、全編これ柳葉敏郎。室井の苦渋に満ちた表情、妙に長い沈黙が思わせぶりで、途中からイライラしてしまいました。それ程、この沈黙に深い意味があるようには思えません。
 今回も、キャリアvs現場という構図の中で操作が進んでいくのですが、魅力がない現場の捜査官と重厚感がないキャリアたちのために、上滑りなドラマ展開になったように思います。
 そして、哀川翔。これじゃぁ東映Vシネマです。室井を「あんちゃん」と呼ぶあたり、Vシネマじゃないんだからとツッコミたくなりました。(苦笑)
 また、今回は室井の過去が明かされるというのも話題になっていたのですが、もったい付けたほどのインパクトはなく、「だからどうした。」になってしまったところも残念です。「半落ち」と比べると可哀想ですが、室井の哀しみが全く伝わってこなかった。
 今回唯一の救いは、田中麗奈が出ていたこと。彼女はやっぱりいいですね。日本映画界の宝です。でも、今回は少しかみ合ってなかったかなぁ。とても、居心地悪そうでした。
 とにかく、シリーズの人気に乗っかかって作られ、当然のようにヒットしたわけですが、こんな自己満足作品にしているようじゃぁシリーズもそろそろ終わりかな、と思いました。「海猿」シリーズが充実しているだけに、かえって内容の貧弱さが残念でした。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/136-64c0eb54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。