青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


 日本がWBC初代王者になりました。(どこかボクシングみたいですけど)
 ここ数日の盛り上がりは、日韓ワールドカップ・サッカー以来のものがありました。やはり、プロ野球の一流選手が必死になってプレイするとこれほど面白いものなのかということを再認識しました。それは、見ている人みんなが感じたことだと思います。メジャーのプレイオフで感じていた興奮にも似た、いやそれ以上のものがあったからこそ、これほどの盛り上がり(街頭テレビを見ていたおばあちゃんが日本の勝利に涙していた姿に感動しました。)になったのだと思います。
 イチローが素晴らしかったですね。松井や井口の不参加で、ともすると茶番になってしまいそうなこの大会を、緊張感に満ちた真剣勝負に仕立てたのは、彼が見せた過剰なまでの闘争心だったように思います。ひとり必死になっているように見えたイチローに対するいろんな陰口がささやかれましたが(これまでの彼は、実は本当に人気がなかった)、この結果を前にして、もはやイチローを批判することは許されないでしょう。日本の”野球”の誇りを守った、最大の功労者なのだから。
 王監督も素晴らしかった。その頑固なまでの野球哲学が”世界一”を日本にもたらしてくれたのだと思います。長嶋JAPANと比べて今ひとつ注目されなかった王JAPAN。しかし、世界一にふさわしいのはやはり”世界の王”だったのでしょうか。(決して長嶋JAPANを否定するものではありません。)
 その他、西岡、川崎など素晴らしい選手を知ったのもこの大会の収穫です。そして同郷の里崎の活躍も本当にうれしかった。(なにせベストナインですから!)
 この盛り上がりが、プロ野球のペナントレースにつながることを切に願います。
 今回、主力選手がよく頑張ったダイエーとロッテには、それぞれ3勝くらいのボーナスを上げてもいいようにも思うのですが。

 とにかく、本当に面白かった。野球を見直しました。

 日本人としての誇りが蘇ってきたように思います。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/116-a02b4184

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。