青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


三谷幸喜監督の新作映画。
 実は2週間ほど前に見ていたのですが、時間がなかったので今日までほったらかしていました。
 見終えた直後の感想・・・。「あー面白かった。」
 そして、現在の感想・・・。「どんな映画だっただろう・・・。」

 まぁ、だからいいのだという風にも思うのですが、三谷映画を見たときの感想は、いつもこんな感じになります。「12人の優しい日本人」「ラヂオの時間」「みんなのいえ」「笑の大学」(「竜馬の妻とその夫と愛人」は未見)を見たときも、不満はないのですが、「あー面白かった。」以上のものはありませんでした。今回は・・・と期待したのですが、やはり今回も同じ結果で、なぜなんだろうと考えてしまいました。
 そこで思い至ったことは、結局、三谷幸喜という監督は自分がかつて見た面白い映画をなぞっているだけなのではないだろうかということです。そのなぞり方というか真似の仕方がとても上手なので、見せるのはとても上手い。でも、新たな世界を作るだけの破壊力のようなものがないために、良くも悪くも心に残るものがないのではないでしょうか。
 三谷幸喜は、自分自身が昔見たこんな映画(今回はグランドホテルスタイルのドタバタ喜劇)がもう一度見たくて、この映画を作ったのではないでしょうか。だから、この映画の一番のファンは三谷幸喜自身ではないかと思います。それを見せられる我々も、三谷幸喜という素晴らしい感性の持ち主が選んだ題材を、三谷幸喜という天才的な脚本家が上手にシナリオを書き、三谷幸喜というのりにのった演出家の人脈によってこそ実現する驚くようなキャスティングで映画化された映画だから、面白くないわけがなく安心して見に行くことが出来る。映画監督としての三谷幸喜が、まだ進化の途中ではあっても、芸達者の役者たちの演技合戦を見ているだけでも楽しめるわけです。
 キャストの中では、香取慎吾が素晴らしいですね。スケールの大きさでは当代随一の役者であると思いました。続いて西田敏行。スゴイの一言です。このパターンの役所広司にはもう飽きてしまいました。松たか子もこんなものかな。それに比べてYOUが良かった。思わず「誰も知らない」を見てしまいました。それと篠原涼子には勢いを感じました。今なら何をやってもうまくいきそうですね。でも、そろそろ飽きられてきたかな。ここらでひとつ代表作に出会えるといいのですが。
 家族と一緒に見に行ける映画としてとてもいい作品だと思います。このような映画がコンスタントに作られると日本映画も安泰なのですが。そのような映画作りをめざしているのなら、三谷幸喜こそ最適の映画作家だと思います。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006.02.28 21:45  | # [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/112-1d1c7568

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。