青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20050203205916.jpg


 高校2年生の夏のこと。職員室前の薄暗い廊下でクラスの女子に話しかけられました。「○○君、ブルース・スプリングスティーンて聞いたことある?私、好きなんよ。」そして私の返事ときたら「あぁ、エエよな・・・。」何とも情けない返事。実はこの時まで、彼のことは全く知らなかったのです。(笑)
 その日のうちにレコード屋さんへ。そして手にしたのがこのアルバム。何の予備知識もなしにレコード針を降ろした瞬間、全身を駆け抜ける衝撃!「バッドランド」一曲で、完全にノックアウトされたのでした。※ベタな表現だなぁ・・・。(笑)
 その後はもう彼に夢中で、出るレコードはすべて聞きまくったものです。「リバー」は何度聞いても泣けてくる。「ネブラスカ」を聞くと、世界が白黒に見えてくるような錯覚に陥り、「ボーン・イン・ザ・USA」を大音響で聞きながら車を走らせました。「ウイ・アー・ザ・ワールド」での彼のソロパートは、何度見て(聴いて)もしびれます。
 しかし、時代がレコードからCDに変わっていった頃、次第にロックから遠ざかり、最近ではあまり聞くこともなくなってしまいました。ロックはレコードなんですよね、なんか・・・。
 昨年末、彼のベストアルバム「The Essential Bruce Springsteen」が出たそうです。久しぶりに聴いてみようかなぁ。真夜中、車を走らせながら、大音響で・・・。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/11-a4aad113

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。