青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


 マンディ登場!
 かつて、ジェット機を吹っ飛ばして自らはパラシュートで脱出し、遊説中のパーマー大統領と握手して毒を塗るという荒技で暗殺を実行した伝説の女マンディ。そのインパクトの強さたるやニーナに匹敵すると思われる彼女が、満を持して登場しました。いやぁ、なかなかいいですねぇ。非情なヒットマンの匂いがプンプンしています。
 今回は、トニーとミッシェルの愛がまたクローズアップされていました。トニーの命と引き替えに裏取引をマンディに迫られ苦悩するミッシェル。これは同様の状況でミッシェルを救い逮捕されたトニーの過去と重ね合わされています。さて、ミッシェルの判断は・・・。
 一方、中国の動きがドラマを一層ややこしくしていきます。中国の非難に耐えきれないローガン大統領。まったく情けない男です。そして、とうとう、領事館襲撃のアリバイが崩されてしまい・・・。
 中国を本気で仮想敵国に仕立て上げようとしているのでしょうか?そんな気さえする悪意に満ちた描かれ方でした。同じアジアの人間として、ちょっと・・・ですね。つまり、そう考えてみると中東の人たちにしてみれば「24」は本当に気分の悪いドラマだということですね。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/109-30b004fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。