青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 とにかく寒いです。ストーブをガンガン焚いても、冷気があしもとから忍び寄るような感じです。日本列島、冷蔵庫状態ですね。
 私の街は南国なので、普段これほどまで冷え込むことはないのですが、記録的な大寒波だということで。今回はシベリアからではなく、北極からダイレクトにやってきたそうです。
 雪というと、私たちはロマンチックなものを想像してしまいますが、北国の人にとっては、そんな甘いものではないとのこと。雪の重みで家がみしみしと音を立てたりすると、もはや恐怖以外の何物でもないでしょうね。「シャイニング」で、雪の中に閉ざされたホテルの恐怖が描かれますが、雪はあの白さ故に底知れぬ恐ろしさを感じさせます。
 そういえば、昔「雪」という歌がヒットしました。”猫”というグループだったでしょうか。「雪でした/あなたの後を/何となくついてゆきたかった♪」こんな歌だったように思います。昔の歌は、ふとした時に思い出し、口ずさむことが出来ます。
 清少納言は「冬はつとめて。雪の降りたるはいうべきにもあらず」と述べましたが、これほどの寒波だと、明日の朝は、そんな風情を感じる余裕はなさそうですね。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/10-b060aca3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。