青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
follome3.jpg  私には、もう一度観たい映画が3本ありました。
 1本目は「フレンズ~ポールとミッシェル」。TVで放映されたとき、ドキドキしながら観た記憶があります。そして、当然の事ながらアニセー・アルビナのファンに・・・。当時人気を二分していた?「小さな恋のメロディー」のトレシー・ハイドよりも、小悪魔的な魅力を持った彼女に心ひかれたものです。評価の低い「続フレンズ」も大好きです。2006年に他界されたとか。とても残念でなりません。
 2本目は「ジョニーは戦場へ行った」。これもTVで観て、とてもショックを受けた作品です。そして、とても影響を受けました。戦争を思うとき、必ず思い起こす作品の一つです。
 「フレンズ~ポールとミッシェル」は、数年前にDVD化されて見直すことが出来ました。「ジョニーは戦場へ行った」は、近所のTSUTAYAの片隅でビデオを発見し、すぐにレンタルして見直しました。どちらもやっぱり素晴らしい作品でした。私という人間の基本的な部分の一部は、こうした映画で作られてきたんだなぁと改めて感じた次第です。

 そして、どうしても観たかったもう1本が「フォロー・ミー」なのです。

 この作品も、DVD化されていなかったんですよねぇ。そして、このたび念願のDVDに。早速amazonに注文。届いたその日に見直しました。

 なんて、お洒落なんでしょう。そして、とても優しく、温かく、可愛くて、可笑しい。初めて観たときに感じた”幸せな気持ち”は、勘違いでも思いこみでもなく、本物であったことが確かめられました。なんて素敵な映画でしょう!

 まだご覧になっていない人のために内容については語りません。ぜひご覧になって下さい。きっとこれまで以上に映画が好きになると思います。

 素晴らしい映画がこうして蘇り、また私たちを楽しませてくれる。嬉しいことです。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ  
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。