青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
dousoukai2.jpg 脚本家で俳優であるサタケミキオこと宅間孝行の監督作品。脚本家として「花より男子」などの作品で観客を楽しませてきた彼ですが、本当はこんな映画が好きなんだ!という気持ちがひしひしと伝わってくる、とても初々しい作品でした。
 役者達は、みんな監督の仲間たちなんでしょうねぇ。思わぬ所に意外な人が登場したりして、そんなところも楽しめます。
 物語は、よくもと思うほどベタベタの展開(笑)。今時こんなお話がよく企画を通ったと・・・(笑)。でも、だからこそ愛すべき作品になったとも言えるのですが。
 つまり、これは脚本家として実績を上げてきたサタケミキオだからこそ許された、半ば自主制作映画的な、そして、とっても私的な映画なんだろうなと思います。

 いいなぁ、こんな風に「好きに撮ってもいいよ。」といった感じで映画が作れるなんて。

 内容については、頭の先からしっぽの先までびっちりあんこの詰まった鯛焼きのようにサービス満点、決して飽きさせない物語です。でも、それが問題ですね。あまりにも頭の中でいい話を作りすぎたからか、何か最初の30分ほどでみんな分かってしまう・・・。どんでん返しの結末までお見通しといった感じで。
 それでもいいと思うんです。「男はつらいよ」なんて、結末は分かっていながらみんなそこに至る過程を楽しんでいるんだから。でも、それを許せるかどうかなんですよね。それを許せる観客には、結構楽しめる面白い作品になっていました。

 もうひとつの問題は、監督が主役もしてしまったことではないでしょうか。自分の作品ですから、もう思い入れタップリで。どうしても他の役者達とのバランスが崩れているように思えました。もし、(もう少し上手な)他の役者が主役をしていたら、もっと面白くなっていたと思います。誰がピッタリかなぁ・・・。

 でも、高校時代のシーンはとても良かったです。このキャストで、高校時代の物語を一本撮って欲しいなぁと思いました。

 どこか懐かしくて可笑しくて切なくて、安心して観ていられるこんな映画が、私は大好きです。ハリウッド映画好きにはお薦めできませんが、こんな作品をみんなで大切にしていきたいですね。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト
T4.jpg この映画を観て改めて思うことは、映画は脚本でほぼその善し悪しが決まるんだな・・・ということです。

 シリーズ4作目というのは、興行的な成功はある程度約束されているように思いますが、作品的な成功という観点からは非常に厳しい十字架を背負っているなと思います。シリーズものの大半が3作目以降急激に失速している例(「ロッキー」「ゴッドファーザー」「ランボー」「ビバリーヒルズ・コップ」等)からすると、この事は映画における常識であると言えるのではないでしょうか。
 ただ、もっと息の長いシリーズとなると話は別です。我が国の「男はつらいよ」シリーズや「007」等は、基本的な約束事はきっちりと守りつつ、シリーズの中で”マイナー・チェンジ”を繰り返しながら人々を楽しませてきました。こうした作品の場合は、マンネリ・ワンパターンは織り込み済みで、むしろそれを楽しむという観客の鑑賞姿勢に支えられているとすらいうことができると思います。
 では、「ターミネーター」はどうなのか?
 どうも、後者の路線を歩もうとしているような・・・。でも、それってどうなんでしょう。1作目から4作目まで、未来と現在を行ったり来たりで、もうそろそろこのパターンにも限界があるのではないでしょうか。だから、今回の展開もなんとも分かりにくい。無理矢理こねくり回しているような気がしてなりませんでした。はたして、こんな調子で5作目は作れるのでしょうか?

 これまで幾度となくTVや映画で描かれてきた「バットマン」が、「ダークナイト」で見事に生き返りました。過去最高の出来映えといって過言ではないでしょう。ヒース・レジャーの神懸かり的な演技があったからともいえますが、物語が本当にしっかり出来ていたとも思います。ゴッサム・シティーを見事に描ききったと評価できると思います。また、「007」も「カジノ・ロワイヤル」で新たな可能性を見出しました。これもまた、脚本が素晴らしかったと思います。

 現在作られている映画(特にハリウッド映画)は、撮影技術の面では飛躍的に進化していると思います。もはや、映像化不可能な・・・なんて表現は死語になるのではないかと思うほどです。「ターミネーター4」の映像も素晴らしかった。見事です。でも、なんの驚きも興奮もない。「へぇ~。」てなくらいです。むしろ、すごい映像を見せつけられるたびに、どんどん冷めていってしまうように思います。こうした派手な演出はすぐに慣れるし、麻痺するんですね。そして、やがて邪魔になる。物語を味わうときに、過剰な演技や演出は本当に邪魔以外の何物でもないわけです。
 今、1970年代のSF映画を観ると(「スターウォーズ」や「2001年宇宙の旅」でさえ)、本当に安っぽく見えます。でも、何度観ても面白い。当時も最先端の技術でもって撮影されたとは思います(あの頃我々はその映像に驚愕したものです)が、まだまだ技術的な限界があったために程良く描かれていた・・・。それよりも、やはり物語づくりが一番大切で、技術の見本市ではなかったのです。

 つまり、描きたい世界を描くための技術であって、技術を見せたいが為の映画ではなかったということです。

 「ターミネーター」も、第1作は物語の部分が素晴らしかったと思います。T-800の非日常性とサラの日常性との対比が素晴らしく、サラが追いつめられていく展開にハラハラドキドキしたものです。また、当時、ブレイクし切れていなかったアーノルド・シュワルツェネッガーの魅力を見事に引き出したキャラクター設定であったと思います。
 「ターミネーター2」は、物語に広がりも奥行きも生まれ、興奮度も倍増しました。これは、第1作の成功によって資金にも時間にも余裕があり、何よりシュワルツェネッガーも監督・スタッフも乗りに乗って作った感じが伝わってきました。これと同じようなことは「ロッキー2」や「ランボー2」の時にも感じたものです。
 「ターミネーター3」は、シュワルツェネッガーの出演料に全てを吸い取られたのでしょうか(笑)、もう、ボロボロでしたね。とりあえず作ったけど・・・みたいな。
 そして、「ターミネーター4」。これで止めるのかな?それとも長寿映画になるのかな?いずれにしても、私にとっての「ターミネーター」は打ち止めですね。もう、このシリーズに求めるものは何もないと思います。
 ※ただ、「ダークナイト」の例もあるからなぁ・・・(笑)。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。