青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
gran1.jpg 私が物心ついた頃に、クリント・イーストウッドはすでに銀幕の大スターであり、(ちょっとダーティーな)ヒーローでした。「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」等のマカロニ・ウエスタン。「ダーティーハリー」シリーズ。私が映画に夢中になり始めた頃の作品「ガントレット」。その後、監督としての評価を高めていった「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」等の数々の名作。最近では、やはり「硫黄島からの手紙」が印象深いですね。TVのロードショー番組で山田康雄さん(イーストウッドの声優はこの人!)の声で観ていた少年時代から現在に至るまで、これほどまでに長く、世界中の人たちを楽しませ尊敬されている役者は、現役では彼をおいていないのではないでしょうか。彼こそ生きる伝説であり、永遠のヒーローだと思います。

 そんなイーストウッドの新作が、これまでの彼自身の作品の中で最高の興収と評価を得ているというのだからすごいですね。これが俳優としての引退作だという話もありますが、この映画を見る限り、まだまだ、現役です。もっともっと役者としてのイーストウッドが観たいと思いました。

 物語は、朝鮮戦争に従軍し、退役後は自動車工として働き、2人の子供を育て、妻に先立たれた頑固で偏狭な男と、隣りに引っ越してきたモン族(ラオス)の家族との出会いと別れということになるのでしょうか。

 アメリカの中西部の街では、いろんなルーツを持つ白人・黒人・ヒスパニック・アジア系といったあらゆる人種の人たちが、それぞれのテリトリーを守りつつ対立しながら暮らしています。アメリカの現実なのかもしれませんが、偏見に充ちた差別的な空気が充満していて、これでは銃を持たずには生きていけないのかなぁ・・・と考えてしまいました。

 イーストウッド演じるコワルスキーもポーランド系の白人であり、有色人種に対する偏見に充ちた頑固な爺さんといった感じです。さらには、偏狭な性格から息子たち家族からも疎んじられ、妻亡きあとビールと愛犬しか愛せない孤独な老人です。ただ、やたら強い。若くはありませんから腕力で・・・というのではなく、自己の正義感に対する絶対的な信念というか、とにかくブレません。そこが嫌われるところでもあり、最大の魅力でもあるわけですが。

 コワルスキーの言葉はとても辛辣です。そして、とても差別的です。この年代のアメリカ人(白人)の一般的な姿なのでしょうか、一点の曇りもなくモン族の人たちを馬鹿にしています。虫けらを見るが如くにです。あまりに堂々としたその姿に、腹も立ちませんでした。(笑)

 でも、腹が立たなかったのはやはり理由があったのです。それは、アジア系の人たちなどマイノリティーに対して注ぐ、監督イーストウッドの眼差しが、あくまで優しいのです。コワルスキーがモン族の姉弟との交流を通して変容していく様は、”我々は間違っていたのではないか・・・”という、同世代の白人に対するメッセージのようにも見て取れました。イーストウッド監督の弱者に対する眼差しは、とても優しい。これこそが、彼の信念なのでしょうね。

 そして、ラスト。

 いいですねぇ。ジワーッと涙があふれてきました。

 本当の強さとは何か。本当の優しさとは・・・。真のヒーローを演じ、描き続けてきたクリント・イーストウッドが、彼の映画人生で辿り着いた結論がこれなのかと思いました。

 そうですよね。この結末しか、考えられません。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト
halfway1.jpg 多くの人が指摘しているとおり、いわゆる映画として不完全な部分がたくさんあると思います。たとえば、手ブレがひどくて見づらい画面。そして全体的に少し暗すぎましたね。所々で???となる、ぶつ切りのような編集。など・・・。

 でも、そうしたことを差し引いてもあまりあるほどの魅力に充ちた作品だと思いました。それはやはり、主演2人の素晴らしい演技・・・じゃなくて(あれは演技とは言えないんじゃないか)存在感だと思います。

 大学受験を控えた高校3年生の冬。逃げ出したいようなプレッシャーと孤独感。クラスメイトとも、これまでにない距離を感じたり、だからこそ人恋しくて密かに誰かを支えにしたり・・・。そんな時に告白。そんな時なのに告白。いや、そんな時だからこその告白。

 そして、もう一つのテーマは、地方と都会。大学進学は、地方の高校生にとっては、人生の大きな転換点になるわけです。都会から地方へという流れもあるだろうけど、地方から都会への若者の流れの方が圧倒的に多いわけで、地方で生まれたものにとっての高校卒業は、故郷を後にする一大転換期なのです。

 故郷に残るか、旅立つか・・・。それぞれに大きな決断をするわけで、そこには自ずとさまざまな別れがつきものなんですね。ちなみに私は故郷に残り、私の友人たちのほとんどは、大きな夢を抱いて都会へと旅立っていきました。あの時のことを思い出すと、今も胸が苦しくなります。

 取り残される・・・・。

 北乃きいが演じた女の子が「東京へ行って欲しくないです。」と言ったとき、”なんてわがままがことを・・・”と感じた人も多いと思うのですが、田舎に取り残されるのは、それはそれは切ないことなんですよね。「木綿のハンカチーフ」なんですよ。(笑)

 何が描きたかったのかよく分からないという指摘があります。物語としては本当に言葉足らずですね。でも、高校生活を終えるあの頃の気分を見事にすくいとっているように思います。画面の手ブレも暗さも、ぶつ切り編集でさえも、そうした不安定な時代の感情を描くためには一つの手法でもあるのかな・・・なんて納得したりもして。

 脚本家として物語作りのプロが、あえてこのように物語性を排除したかのような作品を作ったということは、これまでのようなドラマ作りでは描くことの出来ない、ある種の感情をクローズアップしたものが作りたかったということではないのかななんて思います。まぁ、それには異論もきっと出てくるでしょうが、それでもいいじゃないかと。

 でも、今度撮るときは、しっかりとしたドラマのある映画にして欲しいなぁ。せっかくの才能を活かせて欲しいし。

 私はこの映画が好きです。とても愛おしい。

 今しか撮ることが出来ない、北乃きいと岡田将生の最高の瞬間を、これほどまで素敵にスクリーンに焼き付けてくれたことに感謝したいほどです。そういう意味で、アドリブに任せた演出は大正解だったと思います。

 salyuの主題歌も良かった。

 もっとみんなに観て欲しいなぁ。あまり難しく考えず、あの頃の気分に浸るつもりで。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ


 4月1日から、新しい生活を始めています。といっても、職場が変わっただけなのですが、これがなかなか大変で、机の上のもの一つを動かすだけでも、周囲を伺い、「これ、いいですか?」なんて聞いたりして・・・。でも、こうしたこともなかなか面白いもので、案外そんなギクシャクした感じを楽しんでいます。
 仕事の内容はシビアなものなのでそれなりに緊張しているのですが、まぁ、マイペースで何とかやっていけるかなと、深刻には考えていません。

 こうした環境の変化で、知らず知らずのうちにストレスがたまっていると思うんです。だから、こんな時はやっぱり映画を観なくては。
 とりあえず今みたい映画は「ヤッターマン」かな。ドロンジョ様に癒されたいなと。(笑)
 
 そして、「ハルフウェイ」。これは見逃せません。近々私の街でも公開されるので、何を置いても駆けつけようと思っています。北乃きいはいつの間にか私の中で、それ程の女優に成長いていたんです。

 家でDVDを観る余裕もない日々が続いているわけですが、「ハルフウェイ」のことを思うと、ワクワクします。※作品の出来をそれほど期待しているわけではないのですが・・・。

 映画がある人生。いいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。