FC2ブログ

青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

okuribito1.jpg
 今年のキネ旬ベストテンについて。
 邦画では、とにかく、「おくりびと」の圧勝ですね。これは納得です。今後の賞レースも、この作品を抜きにしては考えられないでしょう。テーマ・シナリオ・演出・演技・観客動員・社会性。そうしたすべての点において、他を圧倒していました。
 一方で、「母べえ」が7位というのはどうかなぁと思いました。それならば「パコと魔法の絵本」がもっと評価されるべきではないか・・・。映画としての魅力は、圧倒的にパコにありました。この作品は、他の賞レースでも無視されているようで、何か意図的なものを感じてしまいます。

【日本映画ベスト・テン】
(1)「おくりびと」
(2)「ぐるりのこと。」
(3)「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」
(4)「トウキョウソナタ」
(5)「歩いても 歩いても」
(6)「闇の子供たち」
(7)「母べえ」
(8)「クライマーズ・ハイ」
(9)「接吻」
(10)「アフタースクール」


 外国語映画についてはあまり観ていないので何とも言えないのですが、「ダークナイト」に№1になってもらいたかったなぁ・・・。

【外国映画ベスト・テン】
(1)「ノーカントリー」
(2)「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
(3)「ダークナイト」
(4)「イントゥ・ザ・ワイルド」
(4)「ラスト、コーション」
(6)「イースタン・プロミス」
(7)「その土曜日、7時58分」
(8)「エグザイル/絆」
(9)「つぐない」
(10)「チェチェンへ アレクサンドラの旅」

 個人賞については、ほぼ納得ですね。モッくん。いい仕事しましたね。

主演男優賞=本木雅弘(「おくりびと」)
主演女優賞=小泉今日子(「トウキョウソナタ」など)
助演男優賞=堺雅人(「クライマーズ・ハイ」など)
助演女優賞=樹木希林(「歩いても 歩いても」)
新人男優賞=井之脇海(「トウキョウソナタ」)
新人女優賞=甘利はるな(「コドモのコドモ」)

監督賞=滝田洋二郎(「おくりびと」)
脚本賞=小山薫堂(「おくりびと」)
外国映画賞=「ノーカントリー」(コーエン兄弟)
外国映画監督賞
 シドニー・ルメット(「その土曜日、7時58分」)
 ショーン・ペン(「イントゥ・ザ・ワイルド」)

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト