青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
topsales2.jpg


 毎週、楽しみしていたNHK土曜ドラマ「トップセールス」が、ついに終わってしまいました。見事な最終回だったと思います。本当に面白かった。

 今期は、この「トップセールス」の他「篤姫」「無理な恋愛」「ラストフレンズ」「おせん」「ルーキーズ」など、面白いドラマが多くて毎日大変です。(笑)一方で、キムタク主演の「CHANGE」と今や水戸黄門化している「ごくせん」の視聴率争いも話題になっていますが、この2作はドラマの質としてはやや落ちるような気がします。

 ドラマの良し悪しを視聴率で図ることは出来ないと思いますが、今期ほどドラマの出来と視聴率のギャップを感じることはありません。私の感覚がズレているのでしょうか。

 私が好きなのは、登場人物に共感できるドラマですね。だから、あまりに無理のある設定だとか、奇をてらった展開、ご都合主義の結末などは許せません。そういう意味で「ごくせん」はダメかなぁ。それと、やはりドラマである以上先々の展開まで読めてしまうようだと冷めてしまいますね。ということで、ここまでの「CHANGE」にはガッカリです。

 良い意味で見るものの予想を裏切る、でも、なるほどそうかと納得できる、いや、これは参ったと感心できるよなワクワクする展開。こんなドラマがいいですね。そして、登場人物に自分が重なり、某かの示唆が与えられ、気分が高揚し、明日への活力になる・・・。「トップセールス」は、まさにそんなドラマでした。「篤姫」「無理な恋愛」も、そういう意味で大好きなドラマです。

 毎週、夏川結衣にずいぶん元気づけられていたので、どうしようなんて思ったりしているのですが(笑)、幸い「無理な恋愛」で彼女を見ることもできますし、他のドラマもこれからますます面白くなりそうなので、ドラマ三昧の日々はまだまだ続きそうです。

 いいドラマのある日々は、嬉しいものですね。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
スポンサーサイト
change1.jpg


 2回目にして、もう結末までの道筋が見えてしまいましたね。あと、どれだけ隠し球があるというのでしょうか。残念ながら期待できません。

 原作があってドラマ化されたものでも、その後の展開に期待するものです。でも、このドラマにはそうしたワクワク感がありません。なぜなんでしょうか?

 結局、キムタクのプロモーションビデオになってしまうことが見えているからではないでしょうか。今回の”泉谷しげる”の扱いなどその最たるもので、見ていてかわいそうになりました。完全な添え物。引き立て役・・・。彼が熱演すればするほど虚しくなってしまう。というか、途中で、泉谷が適当にやっているのが見えましたけどね。(笑)

 でも、このドラマを見てしまうのはなぜか。深津絵里と阿部寛が出ているからなんですね。この二人の場面は見応えがあります。伊東四朗と寺尾聡もさすがかな。

 つまり、このドラマは、キムタクのために作られたにもかかわらず、キムタクは、実は他の役者の引き立て役になってしまっているという皮肉な結果になっているのではないでしょうか。まったくの計算違いですね。ジャニーズ危うし!

 キムタクは田村正和になればいいと思うんです。誰がなんて言おうが田村正和は田村正和なんです。今さら、彼の演技を批判する野暮な人はいないでしょう。大根役者なんて・・・。そうなんです。大根なんですよ。確信犯的な大根役者。だから田村正和は偉大なんです。高倉健もかな。

 キムタクに演技を求めるのはやめましょう。キムタクはキムタクなんだから。絶対的な存在なんだから。だから、それでいいんだというドラマ作りをして下さい。だから、いい話なんて作らなくていいんです。キムタクが一番キムタクらしく演じられるドラマであれば。

 このドラマ、キムタクを持てあましていますね。好感度をあげるために、いい話作りに汲々としていますね。脚本家の悲鳴が聞こえてきます。だから、過去のドラマのいいところをつなぎ合わせたような、どこかで見たことあるような、これからこうなるんだろうなと想像できるよなドラマになるんですよ。

 マドンナに主題歌を歌わせるお金があったら、もっと脚本に力を入れましょう。見れば見るほど味のある、ドキドキワクワクするようなドラマを見せて下さいよ。キムタク主演なら、それも可能なはずでしょ。「朱蒙」なんかを見習って欲しいなぁ。

 話題性だけで視聴率が稼げる時代ではないと思いますよ。ましてやSMAPだからという神話は完全に崩壊していますから。「猟奇的な彼女」も失敗していますしね。

 脚本がダメなドラマはどうしようもありません。

 「篤姫」「トップランナー」「無理な恋愛」が、今期、優秀脚本ベスト3ですね。見るほどに味があります。

 来週見てワクワクできなければ、「CHANGE」を見るのはもうやめようと思います。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
top2.jpg

 1974年、一流企業のOLから、クルマのセールスに転職し、トップセールスへと自らの道を切り開いていった女性の物語。

 もう、とにかく抜群に面白いです。脚本力、演出力、演技力、全てにおいて他の民放ドラマとの差は歴然としています。毎回、上質の映画を見たときのような満足感があります。なんだかんだ言っても、NHKはさすがですね。

(HPより)
 第5回「別れ」  …2008年5月10日放送
 久子は失踪した父親・浩太郎(石橋蓮司)が寄席の呼び込みをしていることを知る。父は八重(秋野暢子)という女と暮らしていた。母・光枝は浩太郎と会い、久子が浩太郎が買ったクルマに乗った時の感動でセールスになったと伝える。岡野が入院。久子は客・横山家の暴力を振るう息子・敦也(浅利陽介)と酒に溺れる母・早苗(野村真美)を岡野とともに救うが…。


 今夜の内容は、ズシンと堪えましたね。仕事をすることの喜びとは何か・・・。考えさせられました。それと、家族。家庭内暴力が社会問題になっていた頃を時代背景に、見事なドラマが作られていました。脚本家の山本むつみさん。相当な筆力ですね。今後、注目したいと思います。

 ここでも頑張っている夏川結衣。この人を見ると元気が出てきます。それと蟹江敬三。味があるなぁ。人情味のある上司役をやらせたら、今、ピカ一かも。別れがつらい!今回ゲストの石橋蓮司も良かった。この二人、20年ほど前には危ない役をやっていたと思うんだけど、見事に年輪を重ねて渋い役者になりましたねぇ。そこに立っているだけで絵になります。その他、隅々まで佳い役者を配置しているところはNHKの底力か・・・。その演技を見るだけで価値があります。

 ジャニーズ御用達の派手なドラマがもてはやされる昨今ですが、画面に彼らがいないと何故かホッとするのは、私だけではないと思います。若々しく弾けたドラマも好きな私ですが、たまには、骨太のドラマも見ようじゃありませんか。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
 

  「ヘロヘロですか?」 「ヘロヘロです。」 (笑)
  この日がくることを、どれほど心待ちにしてきたことでしょうか。

 その瞬間は実にあっけなくやってきました。ドラマ「ラスト・フレンズ」を見終えて「東京Vシュラン2」の始まりを待っていたとき、SUNTORYのコマーシャル。するとそこにあの他の追随を許さない圧倒的な存在感!不思議な空気を漂わせて、彼女はやはり水沢螢としての本分を全うしてくれていました。(笑)

 水沢螢!

 サントリーの「Capsela」のコマーシャル。

 スポンサーも制作会社もマスコミも世間もみんなみんな、これは北川景子のCMと認識するでしょうね。でも、私たちは違います。日本中に100人はいるでしょうか(笑)、「クォーク」「ファブリーズ」等のCMで彼女の虜になった人たちが。私たちは待っていたんですよ。裏CM女王、水沢螢の復活を。

 サントリーのHPに、このCMのメイキングがあるのですが、彼らは何も分かっていない!なぜ、水沢螢に触れないのだ!!彼女は、決してそんじょそこらの脇役じゃないんですよ!!!

 この勢いでミステリーハンターに復活して下さい。「サラリーマンNEO」にも、また出て下さい。

 しばらく彼女のCMを見るために、TVを見続ける日々になりそうで、もう、「ヘロヘロです。」
でも、このCMを見ると、「シャッキリして、ジンワリして、ヨシ!!」て感じです。(笑)

murina1.jpg


 火曜日の夜10時。迷いに迷っています。「おせん」か「無理な恋愛」か・・・。

 たどり着いた結論は、まず「おせん」を見る。蒼井優が見たいから。そして、録画していた「無理な恋愛」を見るというパターンです。充実の2時間です。(笑)

 じゃぁどちらが面白いのかというと、迷わず「無理な恋愛」でしょうね。これはほんとに面白い。

 マチャアキがいい!というか、頑張れ!!って応援したくなります。

 団塊の世代が定年退職の年を迎えている現在の日本を、見事に描いています。彼らはまだまだ若いんですよ。恋も仕事も現役バリバリなんだから。でも、なかなかままならない現実があるわけで、そのあたりの切なさが、マチャアキの笑顔に滲み出ています。

 でも、視聴率が悪いんですよねぇ。まぁしかたないと思うんですよ。このドラマに共感するのは50代以上の男性だろうから。一番ドラマを見ない人たちなんですよね。残念ながら。

 かつて「男女7人夏物語」と「男女7人秋物語」という大ヒットドラマがありましたね。あれに通じる切なさがありますよ。あの頃は、仕事も恋もそこそこ経験を積んできた30代の男女が自分探しをしている時代であったように思うのですが、今は定年という人生の節目を迎えている団塊の世代の人たちが自分探しをしているのかもしれません。
 まだまだ元気なんですよ。現役バリバリ。・・・気分は、まだまだ自分はいける・・・と。
 
 もう一度、恋がしてみたい・・・。

 ビートルズに熱狂し、フォークソングを歌い、ニューファミリーをつくり、高度経済成長の申し子として猛烈に働き、バブルの主役でもあった人たちです。日本の”自由”をリードしてきた世代が60代になったんだから、かつての60代とはわけが違うってなもんです。

 このドラマ、少し早すぎたのかもしれません。2年後ならもっと受けたかも。本当に共感できる男たちは未だ現場で悪戦苦闘し、TVを見る余裕がないのかも・・・。そんな人たちにこそ見て欲しいのですが。

 でも、面白いんですよこのドラマ。面白可笑しく作られた脚本では決してありません。時代とそこに生きる人間をしっかりと描いています。男も女も年齢も関係なく、是非、見て下さい。もったいないです。

 マチャアキの思いを知った夏川結衣は・・・・。

 来週も、このドラマから目が離せません。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。