青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
chi-1.jpg


 2年前の夏、映画「眉山」の助監督として、邦画史上かつてない規模のエキストラによる阿波踊りの撮影現場を見事にリードした兼重淳さんの第1回監督作品となれば、あの時、めんどい(阿波弁で「気難しい」)エキストラの1人として迷惑をかけた私としては、見に行かないわけにはいきません。(笑)兼重助監督のお陰で「眉山」は素晴らしい映画になりました。この人が映画を監督したら絶対に見に行こうと、当時から心に決めていました。これは本当です。
 
 初監督作ということで、あまり多くは期待してはいけないと考えながら映画館へ。「眉山」ゆかりの兼重監督の作品ということでの特別上映会。(低料金にしてくれていました。)一体どれほどの人が見に来ているかな?と心配でしたが、この心配は悪い現実となってしまいました。比較的大きな映画館なのに観客は10人程度。お昼2時からの上映でこれでは・・・。とても残念です。私も今朝の新聞でこの上映会のことを知ったくらいですから、前宣伝が不足していたのでしょうね。

 さて、作品は・・・。こちらは心配を良い意味で裏切ってくれる内容でした。キラキラ光るものを感じさせてくれる、とても佳い映画でした。素直に感動させてもらいました。そして、見終えた時の後味が良かったですね。清々しさと、ある種の気品といったものを感じました。

 それはなぜだろうかと考えました。・・・監督があまり観客に媚びていないからなのかな?ベタベタしていません。とてもスッキリしています。最近の”泣かせ”を売りにした作品のような、あざとい仕掛けなしというところに好感が持てるんです。それは「眉山」の時も感じたものなのですが、共同脚本として「眉山」と同じ山室有紀子さんが担当していることも関係があるのかなぁ。

 演出も、初監督の気負いのようなものをあまり感じることなく、さすが現代の日本映画を代表する数々の映画監督の下で助監督をしてきただけのことはありますね、とても丁寧でじっくり作り込まれているという感じがしました。ただ、エンディングのタイトルロールのすみずみまで愛情を注いでいるところには、初めて演出できることの喜びといったものを感じましたが。(笑)

 物語についてはあまり触れないでおきましょう。90分あまりの上映時間を一気に見て、驚いたりときめいたり、哀しくなったり寂しくなったり、そしてしてやられたと思いつつ感動してしまった・・・てなところでしょうか。

 主演の2人が、抜群にイイですね。初々しくて真っ直ぐで、この2人を見ているだけでも幸せな気分浸れそうです。2人の魅力を、兼重監督が十分に引き出していたと思います。見終えた後、パンフレット表紙の2人の写真をしばらく見つめてしまいました。

 この映画、私の街ではこのように特別上映会をするまで公開されませんでした。当然、宣伝されていません。決して大作ではありませんが、他のつまらない(と感じる)作品が大々的に宣伝されてそれなりに人を集めていることを考えると、こういう可愛らしくて素敵な作品が無視されている現状が残念でなりません。口コミで評判となり、1館でも多くの映画館が上映してくれたらいいなぁと思います。

 最後に、兼重監督、次回作期待してますよ。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト
rookies2.jpg

  「ドラマの良し悪しに視聴率は関係ない」との意見(管理人も同感)もありますが、民の声ということで参考までに。

 やはり獄戦(笑)→「ごくせん」(※うちのパソコン、こんな変換をやらかします。)が、初回26.4%とダントツトップですね。まぁ、これは予定通りの数字ということで。しかし、あのドラマそんなにいいかね。最後に大立ち回りをやったり、ヤクザの爺ちゃんの影が見え隠れするあたりで、ドッチラケ。この国の教育は、渡世の方々に委ねられているのか。そんなもんじゃないでしょ。みんな、ほんとにあんな教育を望んでいるのかなぁ。
 それに対して、馬鹿馬鹿しいけど”夢”を語りかけ続けることで正面突破を図ろうとしている「ROOKIES」の方が、よほど正しいように思えます。青春ドラマの王道です。このドラマの初回特番が12.2%。土曜8時のゴールデンタイム。健闘と言えますね。
 問題は「おせん」ですよ。初回10.3%。番宣不足かなぁ。管理人は20%も!と期待していました。(笑)しかし、この数字でのスタートだから、かえって思いきったことをやって欲しいですね。蒼井優の爆発に期待したいと思います。
 「ラスト・フレンズ」が、13.9→15.9→15.6%と推移しています。内容が重いだけに今後大きく伸びるとは思えませんが、今見ている人はきっと来週も見るでしょうね。少しカルト的な要素を持ったドラマだと思います。上野樹里が痛々しい!
 「無理な恋愛」は11.7→8.0→8.1%と、「おせん」の影響を受けることなく頑張っています。固定客をつかみましたね。面白いから!!
 その他では「猟奇的な彼女」が、初回13.5%と無難なスタート。この作品で田中麗奈がブレイクして欲しいのですが、彼女にはやはり映画にこだわって欲しいなぁ。
 「パズル」が初回14.1%。でも、今後苦戦するのでは・・・。「絶対彼氏」が14.3%。これ面白くないんだけどなぁ。そして「Around40」14.2%。これも、固定客を捕まえたようです。私は、ちょっと覗いてやめました。「ホカベン」8.8→9.3%と伸びてきているものの、ちょっと厳しいか・・・。上戸彩が頑張ってるんだけど。

 さて、土曜の夜は、「ROOKIES」→「トップセールス」→「水曜どうでしょう」→「吉田類の酒場放浪記」と、夢のような3時間が待っています。(笑)気合いを入れてTV三昧しましょうか。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
murina1.jpg

 ドラマも春シーズンに突入。昨夜「パズル」が、今夜「ごくせん」がはじまり、明日「猟奇的な彼女」、来週には「おせん」が始まります。ほとんど出揃いました。
 視聴率競争に負けるわけにはいかないキムタクの新番組は、敢えてこの時期のスタートを避けたとか。彼の人気凋落ぶりを物語るエピソードですね。

 ここまで観てきて、「無理な恋愛」がいいですねぇ。それと「トップセールス」。夏川結衣の2本立て!ドラマの裏女王というところでしょうか。篠原涼子が育休中に、その座を奪取するかも。
 「ラストフレンズ」も、今後に不安を残しつつもここまでは面白かった。テーマが重いだけに、今後の展開次第ではどちらにも転びそうです。とにかく上野樹里を見るために見続けますが・・・。出来れば長澤まさみもひと化けして欲しい。
 「パズル」は、お子チャマ「トリック」でした。高校教師という設定に無理を感じます。「トリック」のような馬鹿馬鹿しくて面白いというのを売りにするなら、もっと自由な設定にした方が良かったのでは?それと、阿部寛のようなキャラが一枚足りませんね。高校生3人にはちと荷が重い。石原さとみの頑張りが少し痛々しいかな。
 「Around40~注文の多いオンナたち~」は、ちょっと狙いすぎかなぁ。天海祐希は、どうもうるおいがないというか、何をやっても色気がなくていけません。女性の自立を描いた作品も新鮮味がなく、もう一つ魅力がないんですよねぇ。
 「猟奇的な彼女」は、原作映画があまりに素晴らしいため、却って期待していません。ガッカリするから。でも、田中麗奈は大好きな女優ので、チョン・ジヒョンとは比較せずに見ようと思います。問題は草剛。ドラマでの彼は、どうも好きになれません。ピュアさを全面に出して視聴者に媚びを売るような演技が鼻につきます。
 「ごくせん」・・・は、見ません。これまでも見ていません。この手の学園ものは好きじゃありませんから。
 「おせん」は、期待大!!なんてったって蒼井優ドラマ初主演作。でも、4-6-3さんのご指摘の通り、そこが不安の種でもあります。とにかく、まずは初回の出来を見てということで・・・。裏番組「無理な恋愛」をVTRで見なくてはいけないというのが、ちょっと残念です。

 番外編として「篤姫」。これはみなさん見ましょう。

 追伸:韓国ドラマ「頑張れクムスン」も、DVDで見ていきます。これも面白い!

 さぁ、弱気なキムタクはおいといて、春のドラマを楽しみましょう。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 
utatama2.jpg

  「天然コケッコー」から一年、夏帆の新作「うた魂♪」が公開されました。前作ほどの完成度はないにしても、これがなかなか面白いんです。「スイングガールズ」のような高校の音楽系文化部を題材にした内容ですが、合唱の楽しさをストレートに伝えてくれる爽やかな青春映画に仕上がっていました。
 合唱の映画というと、古くはウィーン少年合唱団を描いたディズニー映画「青きドナウ」(懐かしい!)とか、ノルウェーの漁業の町に実在する男声合唱団を描いたドキュメンタリー映画「歌え!フィッシャーマン」、最近では本国フランスで大ヒットした「コーラス」という映画がありましたが、それらと並べても決して見劣りしない映画だと思います。まぁ、多少コミカルに描いているので「それはないだろ」という意見も多分あるとは思いますが・・・。しかし、合唱の素晴らしさを伝えているという点では、絶対に負けていないと思いますよ。

 それにしても、夏帆というのは不思議な役者ですね。都会育ちであるのに、どうしてこんなに素朴な少女を演じられるのかというショックを受けた「天然コケッコー」。演技しているんだろうけど、全くそうした匂いを感じさせないのはすごいと思いました。
 そして、「うた魂♪」。何というバカ顔をさらすのだ!(笑)。前半、自意識過剰で一人浮いている主人公かすみの表情は、これでもかというほどしまりのないバカ顔です。決して美しくはない。可愛らしさもギリギリといったところです。まさに、産卵中のサケ・・・。(笑)合唱に対して我々が密かに抱いていた感想「どうしてあんなに不自然な笑顔で歌うんだろう・・・」を見事に再現してくれます。もしかしたら女優としてのイメージを損ないかねない、これは覚悟の演技だと思いましたが、それを活き活きと演じているところに驚きました。ラストでは、バカ顔がとても可愛らしく見えるところがこの人の実力なんでしょうね。本当に素晴らしい。

 夏帆には、他の女優にはない何かがあるように思います。成海璃子や谷村美月、東亜優など同世代の役者たちの中にあって、どこか真抜けていてとても大らかな、いい感じの宇宙がこれからドンドン広がっていって欲しいと思います。次回作は「砂時計」ですね。また違う夏帆的宇宙を見せてくれると、期待しています。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
 セ・リーグが開幕して何日が過ぎたのでしょうか。巨人が今日も負けて1勝7敗だから、かれこれ10日程になるんでしょうね。開幕当初は仕事が忙しくゆっくり観ることが出来なかったのですが、ヒマになっても全くプロ野球を観る気になれないのはどうしたことでしょう。

 ベースボールは見ています。
 メジャーリーグの情報は、インターネットでこまめにチェックし、BSの放送も出来る限り観ているんですよ。特にヤンキースの松井の情報は気になりますね。

 こういう私は、いけないのでしょうか?(笑)

 今夜、巨人・阪神戦の中継を観ていたのですが、やはり面白くないですね。一生懸命にやっているんだろうけど、どうも緊張感がない・・・。スピードがない。パワーがない。笑顔がない。怒りがない。ない、ない、ない、ない・・・。ワクワクさせるものが全くないですね。

 そして、解説。今夜は星野日本代表監督でした。説教臭くてつまらない。ついでに実況アナウンサーも素人に毛の生えたような感じです。

 いつからつまらなくなったのかなぁ。それとも、私たちの観る目が肥えてしまったのかなぁ。

 メジャーの試合を日常的に観ているし、オリンピックやWBCなんかの国の威信を懸けたガチンコ勝負を観てしまったもんで、よほどのレベルの試合じゃないと・・・。

 巨人が記録的な開幕での躓きを見せている今シーズン。ますますプロ野球離れが進むんでしょうね。そして、シーズンオフにはまたたくさんの和製メジャーリーガーが誕生して、ますますメジャーの3A化していく日本のプロ野球。とことん堕ちるところまで堕ちて、根底から改革しないといけないんじゃないでしょうか。

 とにかく、今のプロ野球はつまらない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。