青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 どういう基準でこの賞は選んでいるのかと思います。受賞者自身が首を傾げるこの結果。まったく、だから日本アカデミ-賞はいつまでたっても映画ファンから支持されないのだと思います。

 とにかく、どうして助演女優賞が宮本信子じゃなくてもたいまさこなのでしょうか。「かもめ食堂」の時と比べて、「それでも・・・」での彼女は正直何の印象も残っていません。あれは彼女の映画じゃないと思います。それに比べて「眉山」は、宮本信子の映画でした。堂々たる演技です。今年は絶対宮本信子にあげるべきでした。

 どうして、助演男優賞が柄本明じゃなくて小林薫なのでしょうか?それならいっそ、いい加減に香川照之を選ぶべきではなかったでしょうか。小林薫の演技のどこを評価したのでしょう。分からない・・・。

 どうして、主演男優賞が加瀬亮じゃなくて、同じ役を相変わらずベタベタに演じた吉岡秀隆なのでしょうか?この選考は、日本中がひっくり返ったと思います。吉岡自身の困惑・・・。彼は分かっていたのでしょうね。今回はもらうべきじゃないと。これは、前回最優秀に選んだことを正当化するためにもう一度選んだんじゃないのか・・・とさえ思います。どう考えても変な選考です。日本アカデミ-の歪んだ実態を象徴していますね。どうせならオダギリ・ジョ-を選べばスッキリしたのに・・・。
 
 どうして、脚本賞・監督賞・作品賞が「東京タワ-・・・」なのでしょうか???????

 そして、どうして「夕凪の街 桜の国」が全く無視されているのでしょうか?

 昨年、「フラガ-ル」が認められたことで、日本アカデミ-の体質も多少は改善されてきたのかと期待していたのですが、結局は身内のお楽しみ会ですね。つまらない。

 これまでもひどかったのですが、今年はあきれ果てて、途中から情けなくなりました。TV局に頼り切っている日本映画、邦画バブルもそろそろ弾けてしまいそうですね。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。