青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
kappa2.jpg


 名作「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦」から5年。ついに原恵一監督の新作が公開されました。しかし、あろう事か私の県(県ですよ!)では公開されず、お隣の県まで見に行かなくてはならない羽目に。どうなっているんだ!
 わが県には、県都に映画館が無いという悲惨な状況があるわけなんですが、これほどの作品が公開されないというのは、もはや文化的な危機であるとしか言いようがありません。
 そんなことも重なっていやが上にも期待は大きくなる一方です。また、原恵一監督は、この作品を20年かけて作ったのだとか。ということで、5年+20年。この歳月が、観る側と作り手それぞれの思いをどうしようもないくらいに膨らませてしまったように思います。これはちょっと危険なことですね。過剰な期待や思い入れは、多くの場合失敗の原因になります。

 そして見ました、「河童のクゥと夏休み」。

 結果は・・・期待通りの作品でした。本当によくできていると思います。何度も笑い、そして泣きました。いい映画ですよ。是非見て下さい。

 見終えた後も、いつまでも残る心地よい余韻があります。心のどこかでクゥのことを考えているんでしょうね。生活のあらゆる場面に、クゥの存在を感じます。また、自分の中にもクゥを感じるのです。

 河童のクゥ・・・。彼は、私たちの化身なのでは?我々人類の純粋無垢な部分が飛び出したのが、河童のクゥなのでは・・・。そんな考えがふと浮かびました。う~ん、どうだろう。そのあたりを整理しながら、また見たいと思います。

 この映画について語りたいことはいっぱいあります。見終えて数日たった今も、色んな思いが膨らんでいます。何故なら、この作品には、原監督からのメッセージがいっぱい詰まっているんですね。
 この作品は幅広い年齢層の人たち観ると思うけど、それぞれの置かれている位置から理解できるように、様々なメッセージが発信されているように思います。
 だから、それを必死に受け止めて、自分の中で消化して、自分なりの思いを膨らませるのに今はいっぱいいっぱいです。そして、もっと何かが潜んでいるような気がしてなりません。原監督20年の思いを受けとめるのは大変です。

 そんなことを考えている時に、あるインタビュー記事が目に入りました。そして納得しました。原監督が思うがままにこの作品を仕上げたとき、上映時間は5時間を超えていたそうです。そうですよね。つまり、2時間18分では伝えきれないものが、この作品にはあると思うんです。無理ですよ、この時間じゃ。

 だから、私は敢えて言いたい。この作品は、本当の「河童のクゥと夏休み」じゃない。「河童のクゥと夏休み(抄)」だと。

 いつの日か、5時間超の完全版を見ることが出来るでしょうか。見せて欲しいなぁ。凄い作品になること間違いなしです。

 詳しくは「シネマッド・ファミリー」の映画日記で。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト
tiger3.jpg

「朱蒙」で、すっかりテレビドラマづいてしまって、「24」シーズンⅥまではまだ間があるということで、「タイガー&ドラゴン」を一気に見ました。
 いやぁ、なかなか面白い。キャストが充実していることと、クドカンの脚本がほんとによく出来ています。やっぱりドラマはホン次第ということですね。
 主演の長瀬智也と岡田准一。いいですねぇ。彼らの他の作品が見たくなりました。そして脇を固める西田敏行。この人ほんとに芸達者。本職の落語家真っ青の落語を毎回披露してくれます。続いて安倍サダヲ。「ドンドンドーン!」てな感じで、軽くて哀しい演技が秀逸です。それと伊藤美咲が可愛いですね。この人にはこんな役がピッタリです。さらに尾美としのり。「転校生」「さびしんぼう」で、我ら世代を象徴する役者もいい年をとりました。「さびしんぼう」以来のはまり役かと。
 その他、蒼井優が裏蒼井優とでも言うべき怪演で笑わせてくれます。このキャラ、「亀は意外と速く泳ぐ」に重なりますね。笑福亭鶴瓶も高田文夫も塚本高史も春風亭昇太も好演してます。それと、時折出てきて強烈な印象を残す北村一輝。ゲストも充実していて、わが愛しの森下愛子、大森南朋、古田新太、薬師丸ひろ子、小日向文世・・・。
 スペシャルで放映された「三枚起請の回」からレギュラー放送まで一気に見ると、このドラマの面白さがよくわかると思います。
 残暑厳しき折、スカッとしたい方々にお勧めです。
 「タイガー、タイガー、じれっタイガー」

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ
 chumon16.jpg


 とても爽やかな感動とともに、「朱蒙」全編81話を見終えました。
 本当に面白かった!
 みなさん、是非見て下さい。絶対的な自信を持ってお薦めします。

 ところで、このドラマを最近BSフジで放送していますが、この吹き替えがとにかくひどい。驚きを通り越して怒りすら覚えます。

 まず、声がまったく合っていない!

 朱蒙は、あんな甲高い弱々しい声じゃないでしょ!
 ソソノも、あんなアニメ声じゃない!!

 そして、カットが変わるごとに、変なノイズ音が・・・。
 もうどうしようもないです。

 短時間にやっつけ仕事で吹き替え版を製作したのではと・・・。

 私は、海外のドラマのほとんどを日本語版吹き替えで見ています。
「24」も「チャングムの誓い」も日本語吹き替え版で見ました。それでも十分楽しめたし、それぞれに素晴らしかったと思います。
 だから、吹き替えにはまったく抵抗感がありません。

 今回は、吹き替え版がまだできていないという事情もあって、たまたま字幕で見ることになりました。最初は、面倒くささも感じましたが、結果的に正解だったと思います。意味は分からないながらも、韓国語の響きに美しさや力強さも感じることができましたから。

 そして、TVで見た日本語版。
 とにかくひどい!

 日本語版を見て、このドラマの良さに気づかないまま見なくなってしまう人がいたなら本当に残念です。このドラマは、回が進むごとに面白さが増してきます。こんな経験は、私も初めてです。だから、もし今日本語版を見てつまらないなぁと感じた人がいたら、今からでも遅くはありません。字幕版に乗り換えて下さい!絶対に面白さが倍増しますから。

 「朱蒙」を見るなら、字幕版で!

 よろしくお願いします。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。