青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
tokikake1.jpg


 こんなに気持ちよく突き抜けた空を観たのは久しぶりです。
 「クレヨンしんちゃんアッパレ戦国大合戦」と「天空の城ラピュタ」の空が大好きでしたが、この作品の空も大好きになりました。

 大林宣彦監督の「時をかける少女」を同時代で観てきた私たちにとって、この作品は果たして受け入れられるものなのか・・・と心配していました。事実、私の知人などは「原田知世以外の”時かけ”など考えられない・・・。」と、観ることすら拒否する始末で、まぁ、それだけあの映画が我々に愛されてきたというわけです。

 公開当時、別の知人から「是非、観ろ!」との興奮気味のメール。彼が推薦した作品で外れたものはないので期待が高まりました。しかし、私の街では結局公開されず、DVDの発売まで待たなくては仕方ありません。それからの半年の長かったこと。(笑)その間、いろんな賞を獲ったりもして、ますます期待は高まります。そして、ようやくDVD発売。当日は「ロッキー・ザ・ファイナル」の公開日とぶつかってしまったために、1日遅れの鑑賞となりました。

 いやぁ、評判通りのいい映画ですね。

 突き抜けています。

 この感覚、私があらゆるものを評価する大切な規準の一つなんですが、見事に突き抜けていました。

 現代の「時をかける少女」。映画版のその後が描かれているわけなのですが、原作の良さを残しつつ見事に独自の世界を創造できていたように思います。
 主人公の少女が、泣き、笑い、悩み、戸惑い、そして時を自由にかけぬけていく様の楽しいこと。映画版のミステリアスで叙情的な雰囲気とはまた違う、爽やかで伸び伸びとした感じがとても良かったように思います。
 タイムリープ。
 10代半ばの、何とも不安定なあの時期、確かに時の流れが止まったり早くなったり遅くなったりしたような記憶があります。あの感覚はなんだったのでしょうか。

 もう、いいかげん年をとってしまった私たちに、なんだか懐かしい感覚を蘇らせてくれた、やっぱりこれはいい映画ですね。観るのを拒否していた知人に、「是非、観ろ!」とメールをしておきたいと思います。

 あらすじは【More】をご覧下さい。

 詳しくは「シネマッド・ファミリー」の映画日記で。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト
rocky5.jpg

 「ロッキー」から30年。あの頃高校生であった私が、今や高校生の子を持つオヤジになっています。それだけ、この間に流れた歳月が長いということだと思います。
 そして今、ロッキーはリングへ・・・。もう一度、自分を取り戻すために・・・。

 大丈夫なのかと思いながら見に行きました。観ていて辛くなるんじゃないか、哀しくなるんじゃないか、そんなことを思いながら幕が開く瞬間を待ちました。

 前半は、エイドリアンとの思い出を振り返るシーンが多く、とても感傷的になりました。私自身の人生と重ね合わせながら、変わってしまったものとそうでないものを確認します。そして、親子の確執。これもまた我が身と重ね合わせ・・・。

 いろんな見方ができると思いますが、ロッキーとともにこの30年を生きてきた我々の特権として、自分の過去と現在が彼に重なって見えます。そして、「燃え残る何か」も共感して。

 倒れても倒れても立ち上がり、前に進んでいこうとする彼の姿に励まされて生きた私たち。どんなに苦しくても「ロッキー」のテーマが流れると、条件反射的に元気になる私たち。そして今、人生の後半戦にさしかかって、もう一度彼に立ち向かう勇気を与えられた私たち。私たちにとって「ロッキー」は特別な映画です。

 ラスト、「ロッキー」の原点に立ち返り、闘うことの意味を教えてくれた「ロッキー・ザ・ファイナル」。
 爽やかに清々しく、見事に完結したと思います。

 詳しくは「シネマッド・ファミリー」の映画日記で。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
tokyo1.jpg

 大ベストセラー小説を映画化するのは、ヒットする可能性が高いとはいえ、「イメージと違う!」といった批判にもさらされる大きなリスクをしょっていると思います。この作品を映画化するに当たって、松尾スズキが脚本を担当しているところに、製作サイドの意気込みを感じたのですが、どうでしょうか?

 見終わっての感想(ややネタばれ)

 哀しい映画ですね。切ない。

 映画は、母の死に向かって突っ走っていきます。母が死ぬとはどういうことなのかを、これでもかという風に描かれています。そして、他の要素は見事に削られています。これを良しとするか否か。この判断が、評価を左右するのではないでしょうか。
 私は良かったと思います。
 これはこれで有りだなと思いました。思い切った解釈に、感服もしました。とても潔い脚本と演出だと思います。

 でも、そうしたドラマ作りのせいか、前半はやや退屈でしたね。あまりにも淡々と展開していくため、睡魔との闘いとなりました。ボクにも、他の誰にも感情移入するだけのエピソードがなかったせいでしょうね。この辺りにやや不満が残ります。
 後半は、樹木希林の素晴らしい演技もあって、一気に作品の世界に引き込まれました。オカンがボクに手を引かれて横断歩道を歩くシーンは、日本映画の名場面として語り継いで欲しいと思います。この辺りから私の涙腺は緩みっぱなしになりました。劇場のあちこちからすすり泣く声が聞こえてきます。そして、その声はラストシーンまで絶えることがありませんでした。これは凄いことですね。
 
 とにかく切ないですよ。母親がどんどん弱っていく。その心細さといったらありません。どうすることもできない息子。私もあのようにおたおたするのでしょうか。ここにきて、ボクが自分に重なってきます。

 親孝行がしたくなる映画だと誰かが言っていましたが、まったくその通りだと思います。あまり考えたくなくてごまかしてきたことを、こんなにストレートに見せられると、無視することなんかできませんね。母を亡くすことはあまりにも切なすぎるのです。だから、今大事にしておかないと・・・。

 いい映画だとは言いません。でも、今のうちに見ておいて良かったとは思います。もう一度見るには、ちょっと辛すぎるかなぁ。

 詳しくは「シネマッド・ファミリー」の映画日記で。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。